>  >  >  > ハイローオーストラリア実戦。米利上げ後をMACDで狙え!
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア実戦。米利上げ後をMACDで狙え!

MACDを使ったハイローオーストラリアの実戦取引のロゴ

米の政策金利発表後の相場を狙ってみよう

本来ならば、政策金利の発表直後を狙う事がオススメです。なんと言っても為替が一定の方向へと大きく動くトレンドが発生する事があるので、短期のバイナリーオプションではトレンドに対して「順張り」をするだけでも立派な戦略になり、普通に取引をするよりも高い勝率を望む事が出来るでしょう。

しかしながら、ずっと相場に張り付く事は仕事をしていたりすると不可能です。だからこそ短期のバイナリーオプションは利上げ発表後の流れを汲んだ上で予想をしながら取引をしてみましょう。

発表直後よりも勝率は低くなるかもしれませんが、大きな流れの後だから損失になると言う事はありません。空いた時間にしっかりと予想をして取引をしてみる事にします。

ハイローオーストラリア実戦取引開始!

MT4を使おう!

今回もMT4(メタトレーダー)を利用して予想をしてみようかと思います。利用するのはMACDを利用してみようかと思います。予想のポイントとしては、短期の取引を利用しようと思っているので、細かな流れをMACDで見つつハイローオーストラリアの短期の取引を攻略します。

【※MACDの見方として詳しくは「ハイローオーストラリアMACDを使った実戦!基礎準備編」を見ていただくと少しわかりやすくなるかもしれませんので、お時間があるなら御一緒にどうぞ。】

シンプルな予測ですが効果は期待出来ると思うので、早速MT4を見て行くことにしましょう。

MACDを使ったハイローオーストラリアの実戦取引1

早速取引のチャンスが到来です。隣り合ったMACDを結んだラインをシグナルラインがクロスしているのがお分かりでしょうか。ここを狙います。フェイクもありますが、そもそも勝ち負けを繰り返すのがバイナリーオプションなので臆さずポジションを取る事が重要です。

ポイントはMACDを結んだ黄色のラインとシグナルラインをクロスさせる際に、MACDを結んだラインはどちらを向いているかに注目しましょう。今回、ポジションを取る場合はゼロラインに向かって黄色のラインが向かっています。ですので「HIGH」で3ポジションを取る事にします。

MACDを使ったハイローオーストラリアの実戦取引2

結果は3ポジション全て成功。30秒の短期取引でスプレッドturboを利用して取引をしたので、利益は30,000円となります。全ての取引が成功したのは出来すぎた結果ではありますが、少しでも勝率を上げる事を考えるとシンプルで利用しやすい予測ではないかと思います。

次の取引に備えてもう一度MACDを見てみましょう。

MACDを使ったハイローオーストラリアの実戦取引3

この予測で難しいのは、複数のクロスがあった場合です。MT4の画像を見て貰えるとわかるかと思うのですが、クロスが密集すると動きの幅が小さくなります。これではいくら30秒の取引だと言っても狙い難い展開です。

こういった時は様子見をする事をオススメします。というのもリスクが大きな場合、そのリスクを犯す必要はなく、自分に有利な展開の時に限って取引をすればいいのです。いつでも取引が出来るという利点をしっかりと活かしましょう。

言い方は少し悪いかもしれませんが、バイナリーオプションでの大きな戦略として基本的には勝ち逃げです。利益がある現状ではリスクを犯す必要が全くありませんので、ここで取引を終了とします。

2.0倍のペイアウト率のおかげで30,000円の利益に

取引結果とハイローオーストラリア2.0倍の取引

ペイアウト率が高いからと言って、毎回スプレッドのある取引を利用する必要はありませんが、狙えるときは狙った方がいいでしょう。せっかくのハイローオーストラリアのメリットなので、動きのある為替相場では利用していく事を心掛けておくと、後々の利益額の大きさに差が出てきます。

取引をすればするほど、違いが出てくるのでしっかりと情報を集めて利用できる所を判断してください。

ハイローオーストラリアの場合は「クイックデモ」があるので、無料で利用することが出来るので、不安な方はまずはデモ取引から始めてみましょう。

ハイローオーストラリアだからこそ大きな利益になったと言えるのかもしれません。興味のある方はまずは自分の目でどういった業者なのか確かめてみてはいかがでしょうか。

紹介したバイナリーオプション

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

業者詳細を見るCHECK! 公式サイトへCHECK!
【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!
攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

Yバイナリー

取引ツールが充実!戦略をたてるならココ! 最高400%の取引も!?期待の業者

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。

No.2  Yバイナリー

口座開設時間即時
最小取引額1000円
口座維持・開設費用なし
最低入金額20,000円~

戦略的な取引、簡単い予想をしたいと考えている方はYバイナリーを利用してみましょう。
テクニカルチャートに取引アラートは一度は利用してみたいツールです。
最高ペイアウト率400%は興味が付きません。様々なバイナリーオプションを一つの口座で楽しみたい方にピッタリ。

No.3  オプションビット

口座開設時間約3分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円~

出金対応もしっかりとしていて、安心感抜群!初心者の方でも利益を狙いたいのなら、TVでもあの武井壮が使ったとして知名度が高くなった事は記憶に新しいです。有名なオプションビットがおススメTOP3入り。独自のアルゴリズムを利用したシグナル、アルゴビットを有効利用して初心者から玄人まで利益を掴め!

No.4  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと言えます。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。

No.5  トレード200

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!

No.6  THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.7  スマートオプション

スマートオプションで取引をするのならiフォローには絶対注目が必要です。利益の出ているトレーダーと全く一緒の取引を自動で行う、ミラートレードはスマートオプションで取引をする特権!

No.8  オプションカラー

これぞ海外のバイナリーオプション業者と言ったシンプルさがあるのがオプションカラーです。キャンペーンやイベントの様なものが多く、始めやすいバイナリーオプション業者と言えるでしょう。

No.9  プライベートオプション

日本からの利用者はまだまだ少ないように感じるプライベートオプション。貴方だけの投資で至福のプライベートを勝ち取れ!

No.10  WynnFinance

情報量は少なめの新しい海外バイナリーオプション業者がWynnFinance(ウィンファイナンス)です。新しいものが好き、他の人と同じは嫌だと言う方はこういった業者も楽しめるのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
ハイローオーストラリアの情報はコチラ!
TOP