> バイナリーオプションの取引種類(取引ルール)を解説
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

経済指標結果を予想して利益にしよう。動きのある相場はバイナリーオプションで稼ぐチャンスです!北朝鮮リスクには要警戒!

バイナリーオプションの取引種類(取引ルール)を解説

一言にバイナリーオプションと言ってもいくつか種類があります。
取引業者を決める前に、どのような種類を扱っているかなどを知っておきましょう。

下にその種類と特徴をまとめました。

ハイアンドロー

バイナリーオプション取引ルール、ハイアンドロー

判定ラインより、「上」「下」

現状のレート(緑の点)が判定ラインとなり、判定時間のレートが今より「上がる」か「下がる」かを予想する取引ルールです。

「上」か「下」かを選ぶだけの一般的なシステムなので、終了時間の価格が開始時間の価格を上回るか、下回るかを予想してチケットを購入します。予想が当たれば、ペイアウト率によって払い戻しがあり、予想が当たらなければ払い戻しはありません。単にバイナリーオプションと言うと普通はこのハイアンドローの形式のことを言います。基本的には多くの業者でこの取引ルールは取扱っていますが、例外もあり取引業者によってはハイアンドローを扱っていないので、口座を開設する前にどの取引ルールがあるのかは確認しておくようにしましょう。

ラダー

バイナリーオプション取引ルール、ラダー

指定した判定ラインより、「上」「下」

どのくらい上がるか、もしくはどのくらい下がるかを予想しなければなりません。判定ラインがA、B、Cといくつもあるので、Aより上、または、Bより下など自分で判定ラインを選択した後、その判定ラインより高いか低いかを予想しなければなりません。

左の表では、判定ラインBを基準とし、「Bのラインより上がる、Bのラインより下がる」と言った具合で投資をパターンです。

また、「Aより上」と判断した場合は判定ラインが現状のレート(緑の点)より遠いので、そこに到達した時のペイアウト率は高くなります。逆に「A以下」と予想した場合は、Aより下は全部大丈夫という事になり、高い確率で当たるとい事になるので、配当が低くなるという特徴があります。

ワンタッチ

バイナリーオプション取引ルール、ハイアンドロー

決められた判定ラインに、「タッチする」「タッチしない」

ワンタッチは「上」か「下」かを決めるものではありません。開始時間から終了時間までの間に、一度でもある価格に「到達(タッチ)する」か 「到達(タッチ)しない」かの2択になります。あまり値動きをしないチャートの場合は「到達しない」方がとても有利になる方式です。

ワンタッチのルールで間違いやすいのが、判定時間の時にタッチしているか、していないかなではなく「判定時間までに一度でもタッチするか、しないか」ということなので、仮に「タッチする」と判断した場合は判定時間までに一度でもタッチすればその時点で利益確定となります。

レンジ

バイナリーオプション取引ルール、ハイアンドロー

決められた判定ライン内に、「納まる」「納まらない」

この方式は決められた判定ラインの範囲内「納まる」か「納まらない」かを予想する取引方法です。相場の動きが激しい時もしくは動きが見られな時に有効な取引方法で、相場が激しく動いているときは「納まらない」ウロウロして落ち着いているときは「納まる」と言った具合に投資を行うと効果的です。

現状のレートと一緒に判定ラインが常時動いている状態なので、購入するタイミングも難しいですし、どちらかと言うと相場の先読みが得意な上級者向けと言えるかもしれません。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP