> 基本的な仕組み~バイナリーの利益と損益について~
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

基本的な仕組み~バイナリーの利益と損益について~

バイナリーオプションの利益と損失の仕組みは?
利益を出すための考え方とトレーダーと業者の関係性。

二者択一と軽視すると損益となる!

簡単な投資のバイナリーオプションですが、利益と損失がどのように決まるのかを見ていきましょう。

バイナリーオプションは元々、各取引業者のFXや株取引におけるオプションの一つでFXや株とは切り離せない関係にありましたが、最近ではどちらかと言うとバイナリーオプション単体で考えられることの方が多く、バイナリーオプション専用の業者も増えている現状があります。

そのため、今でもオプションという考え方の取引業者はあり、取引業者によって仕組みも少し違いますので、ここでは一般的なバイナリーオプションの仕組みを説明していきます。

また、バイナリーオプション自体が比較的新しい金融商品のため金融庁による規制が徐々に行われています。現状のバイナリーオプションと以前のバイナリーオプションとでは仕組みが異なる場合が多いので、古いネットや本を参考にする場合は注意が必要です。

※国内のバイナリーオプションは2013年11月末を持って新しい規制を取り入れた仕組みへと変更。

国内業者の規制内容についてはコチラ>>

利益、損失の仕組みを学ぼう

利益は「上」か「下」かを予想をして、その予想が当たるかどうかで決まります。当たれば「チケット購入額 × ペイアウト率」の配当を受け取ることができ、予想が外れれば掛け金が損失へと変わります。

ペイアウト率が高い業者では1.8倍~という倍率を目にしますが、ここではペイアウト率がなぜ2倍ではなく1.8倍や1.9倍なのかという点に注目してみてみましょう。

バイナリーオプションの基本的な仕組み

上記の表を見ていただければ分かるように、同じ掛け金でも損失率が100%に対して、利益率は80%前後しかありません。これではいくら二者択一でも50%の勝率を維持しただけでは利益に繋げるのは難しいです。では、その残りの10~20%の余波分はどこにいってしまうのでしょうか?

取引業者の利益がでる部分となる

他の投資方法での取引業者の利益は、取引手数料で収入を得ています。もし、投資家が大きな利益をだした時はその分大きな手数料を得たりします。

ですので、投資家の利益がかなり減ってしまうということがあり、投資家はそこまで戦略に入れなければならなかったりします。

その点、バイナリーオプションでの取引業者の利益は手数料ではありません。取引の手数料は無く、予想があたった際の倍率を2倍から減らすことによって、「予想が外れた人から得た投資金額 - 予想が当たった人への払い戻し」が取引業者の利益となります。

上記のペイアウト率1.8倍を例に挙げ、勝っている人、負けている人がそれぞれ100人居たと仮定すると、

業者の利益について考える1

これで、投資家は投資額と配当額だけを考えて投資ができるという仕組みになりますね。大きな利益が出たからといって多くの手数料を取られる心配もなく、公平な取引が行えます。

しかし、取引業者も利益を出さなければいけません。予想的中者への払い戻しが多くなっては利益が出ません。

業者の利益について考える2

こういった場合を防ぐために、対策として「上」か「下」かの選択肢に対して偏りが出た場合は「完売」という形でこれ以上チケットを購入できないという対応をとる取引業者もあります。

取引業者を利用する際は、事前に個別の取引方法を把握しておきましょう。

前に戻る 次に進む
みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP