>  > ハードフォークの日は近い!イーサリアムクラシック、ライトコインに注目
ビットコイン取引所ならコインチェック(coincheck)

HOTワード検索数急上昇中

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

経済指標結果を予想して利益にしよう。動きのある相場はバイナリーオプションで稼ぐチャンス!北朝鮮リスクには要警戒!

ハードフォークの日は近い!イーサリアムクラシック、ライトコインに注目

分裂のイメージ

▼目次

ハードフォーク目前のアルトコインに注目

コインの価値が動く時というと、わかりやすいのはハードフォーク(分裂)ではないかと思います。

本来であれば分裂による株式のように配布がある可能性も考えられるので、所持をしておきたい人が増えて価値が上がると考えられると言いたい所ですが、最近ではハードフォーク発表後に価値が下がる事もあるので、一概に上がるわけではない為、ここでは「動く」と言っておきます。

「配布」についても、日本国内の交換所、取引所などでは、安全が確認された所で付与される事が多いのですが、海外の取引所などでは、取扱はしても付与されない事も多々あるので注意が必要です。

気になるのは一体どの仮想通貨が分裂を起こすのかです。

現段階(2018/02/15)時点では、イーサリアムクラシックにハードフォークが予定されています。

時期的には2月末から3月と少し曖昧になりますが、興味のある方はハードフォーク前は価値の上昇も考えられるので、早めに保有しておいたほうがいいでしょう。

ひとつ気になるのは、何故ハードフォークは行われるのかです。今回はそこに注目してみましょう。

ハードフォークとは?

ハードフォークとは?

ハードフォークは分裂と呼ばれる事が非常に多いです。それは何故なのか、ハードフォークとはどんな事がされるのかというのを、まずは知っておきましょう。

「現代の錬金術」と言われる方もいらっしゃるハードフォークなのですが、まさに言い得て妙なのではないでしょうか。

仮想通貨とはブロックチェーンテクノロジーが利用されているものが多く、ビットコインで例えるのなら、ブロックに取引記録が残されて、それがチェーンで繋がる電子データです。

あえて簡潔に説明をするのなら、今までのブロックを全てコピーした上で、根本は同じ別物を作り出す。それがハードフォークと言われるものです。

仮想通貨によってはもっと細分化され、機能の追加も行う事があります。ビットコインとビットコインキャッシュを例に出すなら、同じような効果を求めるにしても、開発者(ルールの取り決めを行った人も含む)の考え方の違いなども影響してくる事は多いです。

両者は「取引処理能力を向上」を目指していたのは間違いがありません。しかしながら、考え方の違いからハードフォーク(分裂)をしたと言われています。

ビットコインキャッシュはブロックを拡大する事によって処理能力の向上を目指したのですが、ビットコイン側は、ブロックを拡大する事によって生じるブロックへの攻撃の耐性の低下を懸念し「Segwit」による処理能力の拡大を考えています。

このように、仮想通貨自体の問題点を改善するにあたって、考え方が違う場合にもハードフォークは起こります。

また、ハードフォークをしても新しいコインを配布しない場合もあります。

機能のアップデートする場合などに起こり、この際は分裂自体はしますが、ハードフォーク前の物は利用せず、互換性の少ないアップデートの様なものになります。

新しいコインを配布する事を「エアドロップ」と呼ぶこともあるのはご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、仮想通貨における、エアドロップとは、新たなコインをタダで貰えると考えればわかりやすいかもしれませんね。

このあたりは運営や開発の公式ツイッターやブログなどで発表されるので、注目しておくことをおすすめします。

あくまでも簡単な説明とさせて頂きますが、ハードフォークにはそれぞれ理由があると思うので、毎回目的を検索をする事をおすすめします。

今回のハードフォークの意図はなんだろう?

ハードフォークの意図は?

ハードフォークの簡単な説明はさせて頂きましたが、今回のハードフォークの理由は一体どこにあるのか?それについて考えてみましょう。

イーサリアムクラシックの場合

実はイーサリアムクラシックは2017年の12月にもハードフォークは行っています。この際の分裂によって価値は上昇したのですが、新たな通貨は生まれませんでした。上記で少し説明している、事実上のアップデートと言った形です。

それでもイーサリアムクラシックの価値が高まったのは、それまでに無かった発行数の上限をつけたからでしょう。無制限にマイニング出来るものよりも、制限があるもの方が価値が高まるのは世の常です。

今回の2月末から3月で行われるハードフォークでは、新しいコインがエアドロップされます。日本の取引所では取扱をするかどうかは微妙な所ですが、海外の取引所バイナンス等では配布を行う可能性は高そうですので、チェックしておいてもいいかもしれません。

日本の場合は安全性のチェックがあり、匿名性が高すぎたり、リスクが高いコインは、金融庁が認可を出している取引所では取扱が出来ないからです。

2月末から3月のイーサリアムクラッシックのハードフォークは互換性がないものとなるようなので、今ままでよりも注目度は高くなりそうです。

海外の仮想通貨取引所

過去のハードフォークでどれだけ価値が上がっているのか?

イーサリアムクラシック自体が、イーサリアムからハードフォークした仮想通貨となるのですが、実際にどれだけの影響があったのかを知っておきましょう。

今回も全く同じような動きをするわけではありませんが、傾向が似てくる可能性はあります。

知っておいて損は無いと思うので、傾向を見てみましょう。

ハードフォーク前のチャート

あくまで傾向です。というのもイーサリアムクラッシックはあまりハードフォークをこれまで起こしていないので、情報が少ないというのが理由のひとつと言えるでしょう。

ハードフォーク前のチャート イーサリアムクラッシック

ハードフォークの当日はハードフォーク前の倍近い値を付けていて、期待値が高いのも伺えます。

もちろんこれは、半減期もあったからとは言えるのですが、期待値は高くなったのではないでしょうか。

ライトコインの価値上昇理由はライト・ペイ

ライトペイ

「ライトペイ」は、ライトコインを使った即時決済や法定通貨との両替を行う際に利用するアプリです。これに加えて、ライトコインデヴィットが発行されれば、VISA取扱店でライトコインを用いた買い物が出来るようになります。

決済手段として用いられる事を想定しているライトコインでは非常に使いやすいシステムです。

更にハードフォークの噂があるのでこちらも調べてみました。

「ライトコインキャッシュ」をご存知でしょうか?

2/19に実装予定とされていますが、こちらはなんと「詐欺」ではないかと噂がたっています。

ライトコインキャッシュって詐欺って言われてるんですけど

 英語記事になりますが、こちら(リンク先は英語の元記事です)の記事に出ています。この記事によるとライトコインキャッシュが詐欺だと言っているのは、ライトコイン開発者のチャーリー・リー氏ようです。

現在は開発者の手を離れて運営者が運営しているのですが、開発者がこういった事を発言するのは珍しい事です。

リー氏はツイッターでの発言にこういったものがあります。

PSA:Litecoinチームと私はLitecoinをフォークしていません。
あなたが聞いているフォークは、それがLitecoinに関連していると思うようにあなたを混乱させようとする詐欺です。
あなたの秘密鍵やシードを自分のウェブサイトやクライアントに入力しないでください。そこに注意してください!

※グーグル翻訳なので、詳細や言い回しは違うかもしれませんが、意味合い的には間違っていないのではないかと思います。

内容からは、ライトコイン開発者とライトコインの運営チームは「ライトコインキャッシュ」には関わっていないと言う事が感じられます。

本当に詐欺である可能性はもちろんありますし、ライトコインの運営チームが分離した可能性も考えられますが、安全面を考えるのなら、ライトコインキャッシュに関しては様子見ですね。

何故、開発者の方が「詐欺」と言う強い単語を使っているのか、ハードフォークする事に対する明確なビジョンが無いからです。

上記で例に出しましたが、ビットコインとビットコインキャッシュが分裂した際は、明確な考え方の違いがあり、意思がありました。

今回のライトコインキャッシュには、明確な分裂の理由がありませんし、変更点も今の所は、ビットコイン用の古いマイニング機器を利用する事が出来る点くらいではないかと思います。

基本的にはライトコイン・ペイだけでも非常に魅力的である事が言えるので、価値の上昇には納得のものがありますが、ハードフォークしてライトコインキャッシュが出来ると言う、開発者が否定している情報も兼ねて価値が上昇したと考えるなら、少し上がり過ぎているのではないかと思えます。

実際にハードフォークがあってから結果はわかるかと思いますが、秘密鍵やシードを盗まれる可能性もあるので、ライトコインキャッシュに関しては、リスク警戒を考え、受け取らずに様子を見ておいたほうがいいのではないでしょうか。

仮想通貨のハードフォークのリスクも考えておこう

リスク

ライトコインのように開発者自らが注意喚起をしてくれる事も珍しくはないのですが、リスクも考えずに得だと思うのは少し怖いですね。イーサリアムクラシックの様に公式が発表しているのなら、別だといえますが、注意はしておいた方がいいかもしれません。

とは言え、日本の取引所や交換所の場合は、「安全性」の問題があるので後になります。ビットコインゴールドなども未だに配布されていないので、金融庁に認められてからと言う事になるのではないでしょうか。

ハードフォークは決してメリットばかりではなくてリスクもあると言うことをしっかりと覚えておきましょう。

情報は複数得てしっかりと整理しておくと惑わされる事は少なくなります。仮想通貨を投機と考えるのならしっかりと知っておきましょう。

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!

カテゴリ:アルトコイン

登録不要のデモ口座でトレードできる業者 攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ レバレッジは最高888倍も!! まだ間に合う!今から始めるビットコインへの投資

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

ザオプション

ザオプションで高勝率の取引を! 初心者でも出来る最先端のバイナリー

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円
当サイトから口座開設して頂いた方には特典も!?
詳しくは→無料シグナルツール&攻略情報配信の詳細へ

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に5000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中!

No.2  ザオプション

口座開設時間2分
最小取引額1,000円
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。
☆キャンペーン情報
「口座開設日より10日以内に10回取引を行った方へ1万円分のキャッシュバックボーナスを提供」。 9/30までの期間限定でしたが好評につき延長!?他のボーナスとは併用できないのでそこには注意!

No.3  トレード200

口座開設時間約3分
最小取引額200円
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!
☆キャンペーン情報☆
初回入金時にボーナス有り。限定なので一見の価値あり!
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.4  THEBINARY

00円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.5  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと的な業者になります。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。
★キャンペーン情報
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.6  ジェットオプション

ペイアウト率2.0倍以上でおなじみのジェットオプション。海外の業者らしいシンプルさと高いペイアウト率は、好きな方は好きなのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP