HOME > 業者一覧 > High Low – Australia > High Low – Australia 実践取引!  > ハイローオーストラリアMT4実戦 トレンドがある時こそ慎重に
優良業者!
出金が報告が確認されていて安心、信頼できる優良海外バイナリーオプション業者です。特徴的な業者が多いのでまずは公式ページをチェック!良い業者で取引をする事が利益へとつながります。
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアMT4実戦 トレンドがある時こそ慎重に

ハイローオーストラリアのロゴイメージ

1ドル114円台も目の前に

一時期が100円台だったのを考えるとこの数週間での値動きは激しいです。FXでは底で買った人の利益は大きなものとなっているでしょう。しかしながらバイナリーオプションでも狙い目として大きなものがあると言えるのでしっかりと狙って取引をすると利益になる可能性も高くなります。

トレンドがありチャンスだからこそ慎重に取引をして、値動きに合わせてしっかりと狙いを定める事で利益に繋げ、次の投資に繋げるのです。

先週あたりは今月の始めは1ドル100円~105円台だった事を考えるとトランプ相場から経済指標のいい結果とプラス材料が続いたのがドル高/円安でここまで動かしたのかもしえませんね。

MT4を見つつハイローオーストラリアで実戦

今回はトレンドとも言えるドル高/円安をしっかりと頭に入れて取引をしていきます。反転、反落も狙えるようなら狙っていきますが、基本的にはトレンドに沿った形で取引をしたいところです。予想に使うのはMT4ですが、移動平均線のクロスを見て、トレンドの向きを確認しながら、売られすぎ買われすぎの細かい動きをCCIでチェックしていきます。

よく使う予想ではありますが、シンプルで臨機応変に対応出来る予想だと思っているので、短期での取引を狙う場合には融通が効きます。それでは早速MT4をみてみましょう。

ハイローオーストラリアの実戦取引MT41

明らかに流れはLOWの流れなのですが、CCIが反転しそうなのが少し気になります。トレンドを優先するのか、それともCCIの動きに注視するか考え所ですが、ここはCCIの動きを警戒してHIGHをで取引をする事に。待って様子を見る事も考えたのですが、円高になる流れがそうそう継続するとは思えないので、反転すると判断しました。HIGHで3ポジションを取る事に。

ハイローオーストラリアの実戦取引MT42

結果は3敗と散々な結果になりました。やはり短期の取引と言っても30秒の取引ならCCIに比重をおいて1分ならトレンドに予想の比重を置いたほうがよさそうです。

ここは気を取り直して今ある損失分を取り返しましょう。もう1度MT4をみます。

ハイローオーストラリアの実戦取引MT43

一度目の取引からすこし時間が空いています。というのも、より確実性の高いチャンスを狙った上で取引を成功させる為にチャンスを伺う必要があったので、時間を明けました。

CCIの動きに注目してもらいたいのですが今回は-100から0まで一気に動いています。更に移動平均線もクロスになりそうです。これはHIGHでポジションを取るチャンスです。

先ほど3つ分損失を出してしまったので、今回は4ポジション取ります。自信のある相場だからこそ出来る事かとは思いますが、思い切って損失を取り返し、利益を狙う形です。

ハイローオーストラリアの実戦取引MT44

結果は成功。全てのポジションで取引が成功しました。ここは勝ち逃げをするしかありません。何度も何度も教訓になりますが、やはり成功の可能性が高いと自分で思える相場がくるまで取引は待つのがいいのかもしれませんね。

ついつい、少し無茶な取引をしてしまいがちで何度も学んでるはずなのですが、こういった部分が治りません。

利益になって一安心。基本は勝ち逃げを決行しよう

あまり無茶をせずにコツコツと取引をしていくことが重要かと思います。自信がある相場が来た時に取引をする事を心掛けておくことで無駄な損失は減らせるのかもしれません。そう考えると勿体なく感じますが、バイナリーオプションの取引自体が勝ち負けを繰り返すものなのである程度は納得しなくてはなりません。

ハイローオーストラリアの2.0倍の取引だからこそ利益になったとは思いますが、どきどきする取引でした。使いやすくペイアウト率が高いのがハイローオーストラリアの特徴でもあるので興味のある方は公式サイトの法を覗いてみてください。

クイックデモは無料で利用できるので、まずはそちらから試してみるのもいいかもしれませんね。

紹介したバイナリーオプション

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

業者詳細を見るCHECK! 公式サイトへCHECK!
【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!
攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

Yバイナリー

取引ツールが充実!戦略をたてるならココ! 最高400%の取引も!?期待の業者

初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。

No.2  Yバイナリー

口座開設時間即時
最小取引額1000円
口座維持・開設費用なし
最低入金額20,000円~

戦略的な取引、簡単い予想をしたいと考えている方はYバイナリーを利用してみましょう。
テクニカルチャートに取引アラートは一度は利用してみたいツールです。
最高ペイアウト率400%は興味が付きません。様々なバイナリーオプションを一つの口座で楽しみたい方にピッタリ。

No.3  オプションビット

口座開設時間約3分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円~

出金対応もしっかりとしていて、安心感抜群!初心者の方でも利益を狙いたいのなら、TVでもあの武井壮が使ったとして知名度が高くなった事は記憶に新しいです。有名なオプションビットがおススメTOP3入り。独自のアルゴリズムを利用したシグナル、アルゴビットを有効利用して初心者から玄人まで利益を掴め!

No.4  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと言えます。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。

No.5  トレード200

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!

No.6  THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.7  スマートオプション

スマートオプションで取引をするのならiフォローには絶対注目が必要です。利益の出ているトレーダーと全く一緒の取引を自動で行う、ミラートレードはスマートオプションで取引をする特権!

No.8  オプションカラー

これぞ海外のバイナリーオプション業者と言ったシンプルさがあるのがオプションカラーです。キャンペーンやイベントの様なものが多く、始めやすいバイナリーオプション業者と言えるでしょう。

No.9  プライベートオプション

日本からの利用者はまだまだ少ないように感じるプライベートオプション。貴方だけの投資で至福のプライベートを勝ち取れ!

No.10  WynnFinance

情報量は少なめの新しい海外バイナリーオプション業者がWynnFinance(ウィンファイナンス)です。新しいものが好き、他の人と同じは嫌だと言う方はこういった業者も楽しめるのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
TOP