>  > 今日は何の日?8/30 YS11が試験飛行を成功させた日!
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

今日は何の日?8/30 YS11が試験飛行を成功させた日!

YS11海上自衛隊機の画像

MRJが有名ですが、戦後初はYS11

様々なTVで現在取り上げられているMRJではありますが、戦後初の民間旅客機と言うわけではありません。YS11(ワイエスイレブン)と言う機体が1962年の8月30日に名古屋空港で試験飛行を成功させています。日本航空機製造が開発作成に携わっている機体です。

ちなみにMRJについては頭文字の「M」から見てとれるように、三菱航空機が筆頭になっていう機体です。ホンダジェットなども、名前としては最近有名で日本が小型旅客機産業へ日に日に参入しているのがわかるのではないでしょうか。違いはエンジンにあり、ターボフロップエンジンというものを備えているのがYS11ジェットエンジンがMRJです。初の国産ジェットとなると間違いなくMRJでしょう。

ご存知の方は少ないかもしれませんが旧式ではありますが、YS11は2006年までは現役で旅客機用途で運行していました。もしかしたら、乗ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ちなみに改良型、派生型として「YS-11-100」「YS-11A」「YS-11A-200」「YS-11A-300」「YS-11A-400」「YS-11A-500」「YS-11A-600」「YS-11A-500R」「YS-11A-CARGO」と言った形で量産されて、旅客用途で利用された後にも輸送機として利用される事がありました。

日本での用途が終わった後は東南アジアへと輸出され利用されていたようですが、何分旧式の為現在飛行しているところを見れるのは非常に稀です。

戦後国内の自国の飛行機で飛びたいと言う思い

第二次世界大戦後の日本は敗戦国であった為、航空機の製造や艦艇の製造などが制限されていました。技術そのものが失われる可能性もありましたが、技術が残ったのは皮肉にも身近で起こった戦争です。「朝鮮戦争」が1950年に勃発した後に、航空産業は活性化していきました。

会社の上の人が考えるのは何時の時代もコストの事であります。民間機と軍用機の両方を生産できればコストの削減に繋がるのではないか、そんな考えから「国内線の航空輸送を外国機に頼らず、さらに海外に輸出して、日本の国際収支(外貨獲得)に貢献する」と言った名目に変わり開発はスタートしています。

しかしながら国民と技術者の思いは違い、もう一度自国の飛行機で飛びたいと考えていた物が多く、研究は加速して言ったと言えるでしょう。

ちなみに、後に発足した「輸送機設計研究協会」では、戦時中に零戦や雷電、烈風を設計した堀越二郎さんや、飛燕や五式戦闘機を設計した土井武夫さんといった、超一流のスペシャリストが集い基本的な設計も行われていました。

YS11の名前の由来はここから来ていて「輸送機設計研究協会」の輸送機と設計のアルファベット頭文字をとりYSがついています。

日本航空機製造株式会社の設立

輸送機設計研究協会をが解散すると同時に立ち上がったのがYS11を開発した「日本航空機製造株式会社」となります。超一流のスペシャリストであった堀越二郎さん達は実機の制作にはかかわらないと宣言したので、三菱から技術部長として出向してきたのが、有名な「東條輝雄」です。

父に首相や陸軍大臣を兼任した東條英機をもつこの人物は、軍人ではなく、父の進めで技術者となっていました。ここから、TVなどでも良く特集されている紆余曲折になるわけです。

MRJとYS11の共通点

MRJの画像

国産のジェットや、国産の旅客機と言っても、一部は海外の部品を利用しなければ、今も現代も飛行機は作成できません。出来るだけ早く完全に日本の器機で作られた飛行に乗ってみたいですね。

ちなみにこういった大型の産業が軌道に乗る、または発生するのは国内の景気が安定している、または上昇傾向にあるときではないかと思います。

いくら国産の飛行機に乗りたいと考えても会社の上層部がリスクを冒すとは考えられません。何か次の1手をと考える時に大きなプロジェクトは動きます。

その辺りは現代と共通している部分なのかもしれませんね。

※画像はWikiより利用させて頂いております。

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!

カテゴリ:ニュース

攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

Yバイナリー

取引ツールが充実!戦略をたてるならココ! 最高400%の取引も!?期待の業者

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。

No.2  Yバイナリー

口座開設時間即時
最小取引額1000円
口座維持・開設費用なし
最低入金額20,000円~

戦略的な取引、簡単い予想をしたいと考えている方はYバイナリーを利用してみましょう。
テクニカルチャートに取引アラートは一度は利用してみたいツールです。
最高ペイアウト率400%は興味が付きません。様々なバイナリーオプションを一つの口座で楽しみたい方にピッタリ。

No.3  オプションビット

口座開設時間約3分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円~

出金対応もしっかりとしていて、安心感抜群!初心者の方でも利益を狙いたいのなら、TVでもあの武井壮が使ったとして知名度が高くなった事は記憶に新しいです。有名なオプションビットがおススメTOP3入り。独自のアルゴリズムを利用したシグナル、アルゴビットを有効利用して初心者から玄人まで利益を掴め!

No.4  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと言えます。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。

No.5  トレード200

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!

No.6  THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.7  スマートオプション

スマートオプションで取引をするのならiフォローには絶対注目が必要です。利益の出ているトレーダーと全く一緒の取引を自動で行う、ミラートレードはスマートオプションで取引をする特権!

No.8  オプションカラー

これぞ海外のバイナリーオプション業者と言ったシンプルさがあるのがオプションカラーです。キャンペーンやイベントの様なものが多く、始めやすいバイナリーオプション業者と言えるでしょう。

No.9  プライベートオプション

日本からの利用者はまだまだ少ないように感じるプライベートオプション。貴方だけの投資で至福のプライベートを勝ち取れ!

No.10  WynnFinance

情報量は少なめの新しい海外バイナリーオプション業者がWynnFinance(ウィンファイナンス)です。新しいものが好き、他の人と同じは嫌だと言う方はこういった業者も楽しめるのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP