>  > welqとNAVERはどう違うのか?キュレーションメディアの闇
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

今が狙い目!明日、利益を得る為に

今が狙い目!明日、利益を得る為に

経済指標結果を予想して利益にしよう。動きのある相場はバイナリーオプションで稼ぐチャンスです!

welqとNAVERはどう違うのか?キュレーションメディアの闇

キュレーションサイトの闇

▼目次

キュレーションメディアと呼ばれる、ウェルクとNAVERって別ものなの?

MERY [メリー]を除くwelq[ウェルク]等のDeNAキュレーションメディアの一見以来、一気に言葉として入ってくるものになったキュレーションメディアなのですが、どうしてここまで問題視されているのかを考えてみましょう。

キュレーションとは一体何なのか?まずは言葉の意味を知る所から始めてみます。

IT用語としては、インターネット上の情報を収集しまとめること。または収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有することを言う。キュレーションを行う人はキュレーターと呼ばれる。
キュレーターの語源は、博物館や図書館などの管理者や館長を意味する「Curator(キュレーター)」からきている。キュレーターが館内の展示物を整理して見やすくするのと同様に、インターネット上のあらゆる情報を、キュレーター独自の価値判断で整理するのがキュレーションであり、キュレーションされたものは、プログラムなどで自動的に収集する従来の検索サービスの検索結果と比べて、「不要なものが少ない」「センスが良い」などといった理由から人気が高まっている。 関連サイトのURLをまとめたリンク集もキュレーションの一つではあるが、代表的なキュレーションサイトには、Twitterのつぶやきをまとめる「Togetter」や、検索サービス「NAVER」が開始した「NAVERまとめ」などがある。
「NAVERまとめ」は、韓国の検索サービス最大手「NAVER」の日本法人「ネイバージャパン株式会社」が開始したユーザー参加型のキュレーションサービスで、同サービスでは、まとめページを作ったユーザーが広告収入を得られるようにもなっており注目されている。
現在は、GoogleやYahooのような自動的に情報を収集する検索サービスが主流だが、自動化による画一的な情報収集より、手動によってまとめられた情報は、同じ価値観を持つ人々にとってありがたいものである。キュレーションサービスが普及し、更に充実すれば、検索サービスの手法の主流が変わるかもしれない。
(横田一輝  ICTディレクター / 2011年)
 
出典コトバンク

キュレーションの問題点として、コピペして他の情報とまとめる事で、オリジナルの記事よりもグーグルからの評価が上がってしまい。その検索ワードでの順位が高くなります。WEBの情報の収拾選択は必要な事なのですが、上位に表示されるものを疑って掛かる、ましてや有名なサイトで掲載されているのなら、その記事の内容を疑うと言う事はなかなか難しい事ではないかと思います。

NAVER画像

※画像はNAVERまとめのものを利用させて頂いております。

NAVERのまとめでもキュレーションメディアのwelqについてまとめてあるようですが、そもそもNAVERもキュレーションメディアだと言うジレンマがあります。内容次第ではいつ全まとめ削除となってもおかしくありません。しかしながらウェルク等との違いは、しっかりとサポートが働いていて、無断転載の削除要請にはしっかりと答えてくれる事です。

コピペを奨励していたウェルク等のDeNA系のキュレーションメディアとは違う所と言っていいのではないでしょうか。

ウェルク等が炎上した理由として間違った情報を検証もせずに本当の事のように掲載していた事、それが命にも関わってくる医療についてだったのが問題だと言えます。簡単に炎上までの流れをおさらいしておきましょう。

  • 10月26日 「死にたい」で検索トップの「welq」の記事が不適切と話題に
  • 11月24日  有名ブロガーの永江一石さんが問題提起
  • 11月25日  WELQが専門家の監修を行うと発表
  • 11月27日  永江さんがどういった経緯で量産されているかを解説
  • 11月28日  東京都議会議員 おときた駿さんが都の福祉保健局健康安全部に働きかけ
  • 11月29日  WELQは全ての記事を非公開に
  • 12月1日  DeNA PalettがMERY [メリー]を除く8つのキュレーションメディアを非公開に
  • 12月7日  DeNAの守安功社長、南場智子会長が会見に出席し謝罪

話題になってから鎮静化を測るまでに1ヶ月近く掛かってしまったのは、情報を発信するメディアとして自社記事への管理能力のなさを露呈したことで、致命傷となったと言えるでしょう。

コピペを重用するキュレーションメディアは生き残れるのか?

コピペダメゼッタイ

現状では嘘の情報を載せて炎上するか、グーグルの検索アルゴリズムが変わらない限り生き残る可能性は高いです。今現在のグーグルアルゴリズムでは、より使いやすく精査されていて、他とは違うオリジナルの情報があるものが優先的に上位に掲載される傾向があるので、オリジナルの情報を集めるまとめ系のキュレーションメディアは有利です。

今回のウェルクが炎上したときのように、掲載中止や非公開とならない限り、価値のある情報をより多くまとめているキュレーションメディアは検索に強いのです。

他方から見るとキュレーションメディアは有用な情報が集まっている分有益なのも事実で、ある意味キュレーションメディアは別のカデコリーと考えた方がいいのかもしれません。

ウェルクとNAVERは何がちがうのか?

NAVER、ウェルクの違いは?

「キュレーションメディア」と考えるとウェルクとNAVERは同じです。しかしながら、しっかりと著作権問題で対応をするNAVERと、コピペ推奨であったウェルク、この違いは炎上するかしないかに大きな差があったと思います。

そして何よりも悪質だったのは【誤情報を掲載し続けた事】これはメディアとして1番してはいけない行為なのは、誰にでも分かる事です。

「広告費を得るために何でもする」こういった姿勢が、DeNA系のキュレーションメディアの闇だったのかもしれません。

得られる情報が多くなったからこそ、自分自身で情報を精査した上で、正しく必要な情報を得るようにしてください。

※後日談※ NAVERを運営するLINEも動く

NAVERまとめを運営するLINEは、あくまでも運営者側でなく、ユーザーが自発的に記事をまとめているものだと発表した上で、2017年にも自社のキュレーションサイト「NAVERまとめ」で投稿者のランク付けを始めることを明らかにした。だからと言ってコピペが無くなるわけではありませんが、まとめサイトに利用されたことによる収益の一部を還元する仕組み作りを検討すると言うパクる事前提の内容です。

絶対に止める事が出来ない以上この対応は仕方がない事かもしれません。詳細がまだわからないので対応が良いとは言いませんができない事を出来ると言うよりは期待の持てる対応なのではないかと思います。

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!

カテゴリ:ニュース

攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

オプションビット

アルゴビットで高勝率の取引を! 初心者でも出来る最先端のバイナリー

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円
当サイトから口座開設して頂いたお客様は特典あり!
詳しくは→No1業者の攻略メルマガ配信の詳細を見る

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に5000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中!

No.2  オプションビット

口座開設時間約3分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円~

出金対応もしっかりとしていて、安心感抜群!初心者の方でも利益を狙いたいのなら、TVでもあの武井壮が使ったとして知名度が高くなった事は記憶に新しいです。有名なオプションビットがおススメTOP3入り。独自のアルゴリズムを利用したシグナル、アルゴビットを有効利用して初心者から玄人まで利益を掴め!
☆キャンペーン情報☆
初回入金ボーナス実施中!!入金額によってボーナス額は変わってくるので、プロモーションを要チェック!

No.3  トレード200

口座開設時間約3分
最小取引額200円
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!
☆キャンペーン情報☆
初回入金時にボーナス有り。限定なので一見の価値あり!

No.4  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと言えます。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。

No.5  THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.6  オプションカラー

これぞ海外のバイナリーオプション業者と言ったシンプルさがあるのがオプションカラーです。キャンペーンやイベントの様なものが多く、始めやすいバイナリーオプション業者と言えるでしょう。

No.7  プライベートオプション

日本からの利用者はまだまだ少ないように感じるプライベートオプション。貴方だけの投資で至福のプライベートを勝ち取れ!

No.8  WynnFinance

情報量は少なめの新しい海外バイナリーオプション業者がWynnFinance(ウィンファイナンス)です。新しいものが好き、他の人と同じは嫌だと言う方はこういった業者も楽しめるのではないでしょうか。

No.9  バイナリーティルト

情報量は少なめの為にこの順位。海外バイナリーオプション業者らしさがにじみ出ている業者。先駆者になりたいのなら使ってみる価値はありそう!

No.10  CTオプション

日本語対応はしているが、サポートの対応は英語のみ。業者自体はしっかりとしているようですが、使いやすさにおいては少し不安が残ります。THE海外バイナリーオプション業者のCToptionです。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP