>  > 人民元が主要通貨に!?日本が注意すべき点と為替の動きは?
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

人民元が主要通貨に!?日本が注意すべき点と為替の動きは?

人民元主要通貨に

SDR(特別引き出し権)に人民元採用!

段階としてはまだ早いと考えられる方も多いのではないかと思いますが中国の人民元が主要通貨入りを果たしたと言ってもいいでしょう。しかしながら経過は1年ほど観察したほうが良いというのは誰もが考えている事でしょう。しかしながら、SDRになったとして、どういったメリットがあるのか?主要通貨だと何が違うのか?多少は知っていても詳しく考えた事がない人は多いのではないかと思います。

実際に私自身もこうして為替の動きとして警戒すべきかどうかを思案するまでは、全く知らなかった事です。主要通貨入りしたということはつまりは、基軸通貨として認められる可能性も秘めていると言う事です。基軸通貨国になると、為替変動のリスクを負う事なく、自国通貨で海外から物やサービスを買える利点と言えます。しかしながら、世界経済の安定を考えた金融政策や財政の管理を行う必要があり、その透明性が求められます。

実際に、中国の人民元は世界第三位の国際通貨の座を得ています。国内の人口分だけでも非常に多いので通貨の発行量だけ考えても大きな規模であるのは明確です。

しかしながら、それだけの通貨量がありながら、まだ早いのではないかと思われるのには信頼性であると言われています。政略的な背景をみても、先日の中国株暴落の際に行ったように政府手動で頻繁に為替の操作を行っている事実もありますし。中国国内の市場自体がそこまでそこまで発達しているのかと言う疑問も残ります。

大きなしこりとなる人民元の偽札問題

人民元主要通貨に

大きく信頼を失う事になり兼ねないのは偽札が流通してしまう可能性です。現状偽札工場の噂もあり人民元が正式に発行されたものとそうでないものをしっかりと見分ける事が出来るのか、また偽札に対しての対策、法整備などが迅速に行われるのか、疑問が残る部分が多い事が原因でしょう。

しっかりと改善されるかどうか1年ほどは様子を見なければいけないと言う意見もあるほど慎重になっている方も多いようです。IMF幹部はドルが支配的な現行システムが、より多極的になる可能性を開いた」と述べたそうですが、少しばかり焦りが見え隠れする決定である事は間違いないでしょう。

そもそもIMFが偽札製造の可能性のある通貨をSDRとして考えるのは非常に危険な発想ともとれます。偽札で外貨を得られてしまっては信用を失うどころではないので、中国側としても取り締まりは一層厳しくなるのではないでしょうか。

特別引き出し権(SDR)ってなんだろう

基軸通貨を中国が目指しているのは理解してもらえたかとは思いますが、そもそも今回採用された特別引き出し権とは何なのか?と言う疑問が残ります。これは1969年にまだまだ国際資本市場が発達していなかった頃、その頃から価値の高かった米ドルや金の補完を目的にINF創設した準備資産です。

5年毎に通貨の見直しがされ前回2010年には人民元は採用されませんでしたが、2015年の見直しで採用となりました。ここで考えたいのは、いきなり採用されたわけでなく、しっかりと根回しをするだけの時間と、力が中国にはあったと言う事になります。

ちなみに配分は、IMFへの出資比率に応じて加盟国に配分されるので出資額も特別引き出し権を得る条件の中には入っているのでしょう。満たせるだけの経済力が中国にはあると考える事も可能です。

為替への影響はどの程度考えられるのか?

1番大事な事と言っても過言ではないのが為替への影響はどこまで考えられるのかと言う事です。現在アジア圏でも日本円の影響力はそれほど大きくないからこそ、ドルの流通量に比べても国内中心とは言え人民元の流通量は侮れません。更には2008年のリーマン・ショック以降中国はシンガポールや欧州諸国との金融強力は強化。企業や投資家が中国に対して資金を出しやすい環境を整えてきました。この準備が非常に良かったのか実際に人民元での決済というのは徐々にですが増えてきています。

そうなるといずれは円の存在感は薄れ、人民元がアジアの中で最も存在感のある貨幣となるでしょう。もちろん国や経済の規模を考えると遅かれ早かれ人民元の存在感は円を抜きアメリカに迫る事も予測できる事ではあります。もちろん可能性の一つとしてではあり、上記でもお話した偽札への対策や法整備など問題点はありますが、為替の変動には期待できるのではないでしょうか、とはいえ現状では米ドルの影響力が1番あり、すぐさまその体制が変わるというのは考え難いです。

注意すべき点としては米と中国は政治的にも軍事的にも緊張感を高くしていっているのでそちらを警戒したほうが現状は動く為替を見ることができるでしょう。

アジアインフラ投資銀行(AIIB)の動きに違いも

人民元主要通貨に

アジアインフラ投資銀行の今後の活動もアジア圏内では非常に行いやすくなる事になります。そして、人民元の地位が日本円よりも優位になることで、為替変動のリスクや両替のコストが減る中国企業との競争に日本勢が不利になる恐れもあるとも考えられ、日本としても様々な面で強化、改善するべき点が挙げられていくでしょう。しかしながら、これは日本も進むべきチャンスなのではないかと考えられます。

AIIBは人民元と同じで透明性のなさが指摘されているので、問題点がかならず出てくるはずで、円の優位性がすぐさま変わる事はありません。その間に日本も決済機関増やしたりや告知などを行っていく必要があるのではないかと考えられます。必要以上に悲観する必要はありませんが、楽観はできない状況である事は理解しておいたほうがいいのではないかと考えます。

アジアで競争が産まれることは悪いことではなく、これを期にアジア圏の経済成長に繋がり、日本も同様にその流れにのり経済発展をしていければいいですね。

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!

カテゴリ:ニュース

攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

Yバイナリー

取引ツールが充実!戦略をたてるならココ! 最高400%の取引も!?期待の業者

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。

No.2  Yバイナリー

口座開設時間即時
最小取引額1000円
口座維持・開設費用なし
最低入金額20,000円~

戦略的な取引、簡単い予想をしたいと考えている方はYバイナリーを利用してみましょう。
テクニカルチャートに取引アラートは一度は利用してみたいツールです。
最高ペイアウト率400%は興味が付きません。様々なバイナリーオプションを一つの口座で楽しみたい方にピッタリ。

No.3  オプションビット

口座開設時間約3分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円~

出金対応もしっかりとしていて、安心感抜群!初心者の方でも利益を狙いたいのなら、TVでもあの武井壮が使ったとして知名度が高くなった事は記憶に新しいです。有名なオプションビットがおススメTOP3入り。独自のアルゴリズムを利用したシグナル、アルゴビットを有効利用して初心者から玄人まで利益を掴め!

No.4  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと言えます。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。

No.5  トレード200

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!

No.6  THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.7  スマートオプション

スマートオプションで取引をするのならiフォローには絶対注目が必要です。利益の出ているトレーダーと全く一緒の取引を自動で行う、ミラートレードはスマートオプションで取引をする特権!

No.8  オプションカラー

これぞ海外のバイナリーオプション業者と言ったシンプルさがあるのがオプションカラーです。キャンペーンやイベントの様なものが多く、始めやすいバイナリーオプション業者と言えるでしょう。

No.9  プライベートオプション

日本からの利用者はまだまだ少ないように感じるプライベートオプション。貴方だけの投資で至福のプライベートを勝ち取れ!

No.10  WynnFinance

情報量は少なめの新しい海外バイナリーオプション業者がWynnFinance(ウィンファイナンス)です。新しいものが好き、他の人と同じは嫌だと言う方はこういった業者も楽しめるのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP