>  > 米利上げが9年半ぶりに決まる。ドル/円は狙い目になるのか?
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

米利上げが9年半ぶりに決まる。ドル/円は狙い目になるのか?

利上げドル/円ピークアウト

利上げの話題からおよそ1年かかった実現

年内の利上げがあるとは言われていましたし、12月になりどのタイミングで発表されるのかが考えられていましたが、1番可能性が高いと言われていたFOMCで決定しその後の会見で発表されたようです。慎重だったと言われても仕方ありませんし、各国の経済状況や他の大国の動きなどを考えると慎重にならざるを得なかったのが、FRBのイエレン議長でしょう。

声明を一部抜粋すると、「今年に入ってから相当な改善があった」という発言がとても印象的だったように思えます。またこれに伴い米株式市場のNYダウは、終値224ドルの大幅上昇させる動きを見せた。また、段階的に金利を上げていく形になるので、その都度為替や株式の動きが予想されます。

どうして米国は利上げが必要なのか?

2008年からアメリカはゼロ金利政策を進めてきたのですが、こうした金融緩和をずっと続けるわけにはいけませんし、もしも景気がまた失速してしまった場合に、もう一度ゼロ金利に戻すという緩和策を取れるのです。株価は一旦下がる事もあるので注意が必要ですが、米にとっては利上げは望ましい状況だといえます。しかしながら景気が悪い時に利上げを行う意味はなく、利上げをしっかりと吸収出来るだけの実態経済の好調が必要です。

ある意味景気が悪くなった時に活性化の一手をしっかりと打てるようにしておく意味もあるのではないかと米利上げには考えを出してしまいます。様々な批判もありましたがゼロ金利政策はある程度の経済の回復、復調をもたらし成功とも言える成果を挙げたと言えるでしょう。更なる発展と、好景気で無くなってしまった時の起爆剤としての働きを期待する為にも利上げをしておかなくてはならないのです。

原油安の影響は未だにある

いくら好景気と言ってもいいところもあれば悪い所もあると言うのが実態であると言うのは事実です。日本にとって原油安は喜ばれるべきものではありますが、アメリカでは原油安は喜ばれるものではありません。シェールと言う新しい産業を潰しかねないからです。本来ならアメリカの好景気をひっぱる存在となれたはずのシェールオイルが事実最後まで、アメリカの利上げを遅らせた要因といえるでしょう。

米利上げに際して唯一の不安な点として上げるのなら、この「原油安」です。つい先日も約40年ぶりに原油の輸出を解禁していますが、アメリカ国内でもやはり原油安はマイナスに働いている面があることが考えられます。

これまでとこれからの動きを考えると

利上げドル/円ピークアウト

先日「」でもお話はさせて頂いていますが、短期的なドル高/円安の流れがあるのは間違いないでしょう。問題はそれが長期化するかどうかなのではないかと考えています。時期を見て利上げをするという発表から間が空きすぎた事もありサプライズ感は薄れてしまっているのは事実で、実際に段階的な利上げがある度に動きはあるでしょうが、為替としての影響が大きくあるのか?と考えると首を捻ってしまいます。

ドル/円で言っても利上げを実際に実現するまでに、日本の緩和があったとはいえ、円の価値が1番高かったころに比べると20円近く推移していることが見えてくるでしょう。ここまでの流れの中ですでに動いていると考えるべきとも言えるのではないでしょうか。

すでに米利上げに対するトレンドは出ていてるのでドル高/円安の流れが今まで続いていたと考える事さえも可能なのです。

ドル高のトレンドは年内は継続か?

利上げドル/円ピークアウト

時期的にみても年末にかけて取引量自体が減ってくるので流れが大幅に変わると言う事は、何か重要な出来事が起きない限りは考え難いです。大きく動くというよりも緩やかにドルの価値が高まっていくと考えたほうがいいかもしれませんね。リーマンショック後から続いたゼロ金利政策が終わる時でも上手く市場に混乱を起こさずに利上げが出来たというのはアメリカの手腕だと感じることが出来るでしょうし、FRB議長のイエレン議長、そしてFRBの上手さにも感じます。

少々インパクトが薄いように感じるかもしれませんが、今年始めから続いてドル高の流れを考えるとやはり、ドルの影響力の強さを感じます。

FXやバイナリーオプションで狙うには?

発表時を狙うのが1番動きは読みやすかったのではないかとは思いますが、これからの事で考えると、断続的な利上げを行うと考えられるので、発表時は注視しておきましょう。ドル/円だけでなく、ユーロ/ドルなど、取引量が多い通貨ペアを狙う事も重要です。

注意しておきたいのは「利上げを機にピークアウトか!ドル/円の狙い目に注目」でも少しお話したピークアウトです。いつかはピークが来てそこをすぎれば、緩やかにドルの価格は下がっていく可能性があります。ここを上手く感じ取ることが出来れば取引は有利に進めることができそうです。

今年一年話題になった米利上げ、中国株価暴落やギリシャリスク等懸念事項が多かっただけに心配でした。年末にはなってしまいましたがクリスマスウィーク前に決着が付いて一安心です。

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!

カテゴリ:ニュース

攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

Yバイナリー

取引ツールが充実!戦略をたてるならココ! 最高400%の取引も!?期待の業者

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。

No.2  Yバイナリー

口座開設時間即時
最小取引額1000円
口座維持・開設費用なし
最低入金額20,000円~

戦略的な取引、簡単い予想をしたいと考えている方はYバイナリーを利用してみましょう。
テクニカルチャートに取引アラートは一度は利用してみたいツールです。
最高ペイアウト率400%は興味が付きません。様々なバイナリーオプションを一つの口座で楽しみたい方にピッタリ。

No.3  オプションビット

口座開設時間約3分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円~

出金対応もしっかりとしていて、安心感抜群!初心者の方でも利益を狙いたいのなら、TVでもあの武井壮が使ったとして知名度が高くなった事は記憶に新しいです。有名なオプションビットがおススメTOP3入り。独自のアルゴリズムを利用したシグナル、アルゴビットを有効利用して初心者から玄人まで利益を掴め!

No.4  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと言えます。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。

No.5  トレード200

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!

No.6  THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.7  スマートオプション

スマートオプションで取引をするのならiフォローには絶対注目が必要です。利益の出ているトレーダーと全く一緒の取引を自動で行う、ミラートレードはスマートオプションで取引をする特権!

No.8  オプションカラー

これぞ海外のバイナリーオプション業者と言ったシンプルさがあるのがオプションカラーです。キャンペーンやイベントの様なものが多く、始めやすいバイナリーオプション業者と言えるでしょう。

No.9  プライベートオプション

日本からの利用者はまだまだ少ないように感じるプライベートオプション。貴方だけの投資で至福のプライベートを勝ち取れ!

No.10  WynnFinance

情報量は少なめの新しい海外バイナリーオプション業者がWynnFinance(ウィンファイナンス)です。新しいものが好き、他の人と同じは嫌だと言う方はこういった業者も楽しめるのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP