>  >  > ハイローオーストラリア-ペイアウト率2倍の取引!
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

HOTワード検索数急上昇中

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

経済指標結果を予想して利益にしよう。動きのある相場はバイナリーオプションで稼ぐチャンス!北朝鮮リスクには要警戒!

ハイローオーストラリア-ペイアウト率2倍の取引!

ハイローオーストラリアのスプレッド

ハイローオーストラリアのペイアウト率は、なんと2.0倍です。最近では珍しいものではなくなりましたが、スプレッド取引ならペイアウト率は2.0倍と非常に高く、尚且つ、出金の速度が速いのがポイントです。

海外の業者の中では安全面も高いのが特徴的と言っていいのではないでしょうか。それでは早速ペイアウト率2.0倍の取引について見ていく事にしましょう。

▼目次

スプレッド取引について理解しよう

ペイアウト率が2倍のバイナリーオプションと聞くとワンタッチなどを想像する方が多いのではないかと思うのですが、ハイローオーストラリアにはオンデマンドHigh&Lowでペイアウト率2倍の取引が存在します。

スプレッドについてのお問い合わせも頂いていてそちらでも少し説明させて頂いていますが、レンジ外が設けてある取引になります。FXの場合はスプレッドは手数料のことを言ったりもするので混同のないようにしましょう。

ハイローオーストラリアのスプレッド

こうなってしまうと取引が上がる下がるの問題だけではないので注意なくてはいけません。特に動きの少ない相場を狙うのはリスクが高くなる可能性があるので注意する必要があります。

2倍のペイアウト率を上手く使う

スプレッドはありますが、やはり2倍の取引というのは意識しておきたいものです。上手く使うには相場の動きの大きい部分を使いましょう。画像を見て頂けるとわかると思うのですが、ドロー近辺にスプレッドによるレンジ外が設けてあるので、避けるには大きな動きがある相場での取引が有効です。

ハイローオーストラリアペイアウト率2倍

上手く2倍のペイアウト率を取引にもちいるには相場の動きが大きい日や、大きなトレンドが出ている時などを狙うのが効果があります。

そんな簡単な方法でと思う方もいらっしゃるでしょうが、要はドロー近辺で取引が終わらなければスプレッドは回避できるのです。だからこそ動きがある相場で上手く2倍のペイアウト率の取引を利用しましょう

ペイアウト率2倍は熱い!3分で1万円が●万円に!

3分でどれだけの利益を得る事が出来るのかを考えた時、一例としてどれだけの利益になるのか取引をしてみたいと思います。最初に言っておきますがバイナリーオプションは勝ち負けを繰り返しながら利益にしていくものなので、負ける事は取引の中にしっかりと織り込んでおきましょう。

勝率が50%あれば損失になる事はないので、しっかりと流れがある時を見極めながら取引をしていきます。1分の取引で3回以上取引は可能ですが、1万円から増やすということもありしっかりと狙って、3回取引を行おうかと思います。

30秒取引なら倍の取引が結果をみながら出来ますが、30秒取引はかなり難しいので、よほど為替市場にトレンドがない限り私は、利用は控えています。転売などを使うと、ペイアウト率や投資の仕方は変わってくるのでご注意ください。では早速初めていきましょう。

ハイローオーストラリアで実戦してみよう

1万円をということですが、最初の取引から1万円全て投資をする人はいないでしょう。【リスク】を警戒して半額を取引していきます。

ハイローオーストラリアのスプレッド3

大きくみると上昇傾向のトレンドでしたが、反転が予想されたので、【LOW】で取引。これが見事に成功で資金は1万5000円に。

投資資金分の確保はできたので、連敗にだけ注意を払いつつ取引を継続します。

ハイローオーストラリアのスプレッド4

2回め、3回めの投資は「反転」して元の流れに戻る傾向があったので、【High】でポジションを取りました。

狙いは間違っていなかったと思うのですが、ポジションを取るタイミングが悪く2回めは損失に。これで勝率は50%プラスマイナス0です。すぐに3回めも【HIGH】でポジションを取りました。

これは流れをなんとか掴んで利益に。ここで3分が経過したので取引は終了。

1万円が1万5000円になりました。

金額としてはわずか5000円ですが、時間としては3分ちょっとで、倍率は1.5倍に増えています。こう考えると非常にシンプルな取引ですが、ペイアウト率は高く感じますね。

転売機能を使った場合のペイアウト倍率

転売の機能については「ハイローオーストラリアの新しい【転売】はもう利用してみた?」で詳しく解説しているので、そちらを合わせて読んで頂きたいのですが、簡単に説明すると3分以上の取引にしかありません。ハイローオーストラリアの場合、判定時間が1分となるので、判定時間開始から取引終了までの1分が取れる取引は、ハイローオーストラリアの場合3分の取引からになりますので、ルールとして頭にいれておきましょう。

【転売】を使った際、途中でポジションの精算をするので、ペイアウト率が満額となる事は、あまりありません。

しかしながら、投資額が【0】にもなり難いのが特徴と言えます。

ハイローオーストラリア転売

取引終了時に、成功しないと判断した場合は、判定時間開始までに、損失を大きくしない為に切り捨てる【損切り】が出来るのが特徴です。上記の画像のように、ペイアウト率は0.●●倍と1倍を超えないものとなりますが、損失になるわかっている場合は、少しでも投資額を回収出来る、転売を利用する価値があります。

ハイローオーストラリア転売2

逆に、今は利益になっているが、取引終了まで流れが継続するかわからない時は、利益を確定させる【利確】を行いましょう。

こちらのペイアウト率も画像に載っていますが、満期の2.0倍ではなく、1.●●倍です。途中でポジションを売却するので満期にはならないのです。

ペイアウト率こそ2.0倍ではありませんが、メリットとして、自分の目で見て取引が出来るのは、バイナリーオプションでは新しい感覚で、少しFXに似ている取引になります。

50%の勝利があれば損失にはならないのは利点

ハイローオーストラリアタイミング

取引の特性上リスクが高くなる分損失を出さない為に必要な勝率が同額で投資をしていくのなら50%あればいいというのは大きな魅力です。60%近い勝率を必要とされるか、リスクを少し高くし勝率50%をラインとするのか、考えるべき所であり今後の取引の結果をも左右する事です。

どちらの取引が自分に合うかは個人によるとは思いますがハイローオーストラリアにはデモトレードもあるので、そちらを利用して実際にどの程度のものなのかを体験してみる事も出来ます。達成出来ないような高い勝率ではなくとも、50%の勝率を維持できればマイナスにならないと言うのは非常に魅力的ですが、自分の取引のスタイルなどをしっかりと理解した上で利用するべきでしょう。

ハイローオーストラリアの取引は現在期間限定でペイアウト率を変更中!

ペイアウト率2.0倍のスプレッド取引にばかり注目していましたが、現在ハイローオーストラリアではペイアウト率が上昇中です。一時期の期間限定となっていたのですが、延長に延長を重ねています。2017年/12/12現在でも継続しているので、まだやっているかどうかはハイローオーストラリアの公式サイトをチェックし、自分の目で確認してみてください。

これは、利用者が多い事を意味していているのですが、2.0倍のペイアウト率の取引は変わりません。スプレッドの無いバイナリーオプション取引のペイアウト率が高くなっているので、注目してみてください。

ちなみに、開始直後に来ていたお知らせは以下の通りです。

2017年7月3日 06:56:47
期間限定でペイアウト倍率引き上げ!
お客様 各位
平素よりHighlow.netをご利用いただき、誠にありがとうございます。
本日より、各種オプションのペイアウト倍率を「期間限定」でLive環境でも引上げました。30秒は1.93倍、60秒は1.90倍になります。是非、プラットフォームにてご確認ください。
さらに、15分以上のオプションについては、締切時刻を全て1分間に短縮いたしましたので、判定時刻の1分前まで転売が可能になりました。こちらも、プラットフォームのチャート上でご確認いただけます。
※なお、アット・ザ・マネーで終了したオプションは、投資金額が戻らなくなりますので、ご注意ください。
今後とも、Highlow.netをご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
Highlow スタッフ一同

「※なお、アット・ザ・マネーで終了したオプションは、投資金額が戻らなくなりますので、ご注意ください。」となっているので、ドローは負けとはなってしまうのですが、それにしてもペイアウト率が高くなるので、メリットの方が大きいのではないでしょうか。

大事になるのは取引のタイミング

ハイローオーストラリア タイミング

ポジションを取るタイミングも大事なのですが、どの通貨ペアを選ぶかによってスプレッドは変わってきます。ですが、その差を気にするよりもトレンドや動きがある通貨ペアを選ぶのがいいでしょう。

僅かな差を気にするよりもトレンドがあるタイミングで取引をしたほうがスプレッドを回避できるでしょう。

ハイローオーストラリアスプレッド

スプレッドがあるからと言って怖がるよりも、しっかりと動くチャートでトレンドを見極めて取引をすることで大きなチャンスになる可能性があります。状況とタイミングをみてしっかりと取引をし、利益をだしていきましょう。

ハイローオーストラリア限定 無料メルマガ配信
【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!登録不要のデモ口座でトレードできる業者 攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ レバレッジは最高888倍も!! まだ間に合う!今から始めるビットコインへの投資

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

ザオプション

ザオプションで高勝率の取引を! 初心者でも出来る最先端のバイナリー

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円
当サイトから口座開設して頂いた方には特典も!?
詳しくは→無料シグナルツール&攻略情報配信の詳細へ

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に5000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中!

No.2  ザオプション

口座開設時間2分
最小取引額1,000円
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。
☆キャンペーン情報
「口座開設日より10日以内に10回取引を行った方へ1万円分のキャッシュバックボーナスを提供」。 9/30までの期間限定でしたが好評につき延長!?他のボーナスとは併用できないのでそこには注意!

No.3  トレード200

口座開設時間約3分
最小取引額200円
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!
☆キャンペーン情報☆
初回入金時にボーナス有り。限定なので一見の価値あり!
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.4  THEBINARY

00円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.5  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと的な業者になります。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。
★キャンペーン情報
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.6  ジェットオプション

ペイアウト率2.0倍以上でおなじみのジェットオプション。海外の業者らしいシンプルさと高いペイアウト率は、好きな方は好きなのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

Comment

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
ハイローオーストラリアの情報はコチラ!
TOP