>  > 米FOMC議事録の内容は?日本市場でドル下落の真相
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

経済指標結果を予想して利益にしよう。動きのある相場はバイナリーオプションで稼ぐチャンスです!

米FOMC議事録の内容は?日本市場でドル下落の真相

米FOMCの議事録TOP画像

議事録の内容公表とはどういった事なのか?

日本時間で1月4日28時(5日の4時)に公表された米FOMC議事録の内容なのですが、これは前回の12月13・14日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録である事を頭に入れておかなくてはなりません。

12月のFOMCと言うと利上げが決まったのがこの時になりますので、利上げが決まった時の議会の内容が公表されるわけです。つまりはどういった経緯で利上げが行われているのか、会議の流れがわかると言っても過言ではありません。

この時の内容次第ではドルが更に買われるか、次の利上げへの期待感が薄くなりドルが売られるかが決まります。

今回の議事録の内容は一体どういったものだったのでしょうか。

議事録の内容としては早いペースでの利上げを示唆か?

議事録の内容として一部を抜粋すると、「多くは低い失業率がインフレ率の上昇を誘い早いペースでの利上げの可能性を指摘」していて、更なるドルの価値の高まりを考えさせられるのですが、実際の為替の動きを見ると日本市場が開いた時には、ドルの価値は下落しています。

米FOMCの議事録発表後Yahoo!

※YAHOOファイナンス様よりチャート画像を使わせて頂いております※

又、議事録では「将来の財政出動の時期や規模、その他の経済策に関する不透明さを強調」ともあり、こちらの考え方がトレーダーから重く取られた事で、ドル高/円安の流れが変わったと考える事が出来るのです。

トランプ相場と言われる今の株価の高騰やドル高に米連邦公開市場委員会はある種の危機感を抱いているとも取れる発言があったも取れる事や、更には「インフレの動向、世界の経済・金融市場を注意深く見守るとの認識で総じて一致」との内容もあり、早いペースでの利上げの可能性を指摘をしているものの、今までよりもより慎重になり、利上げの回数は少なくなると判断されたのかもしれません。

浮き彫りになったトランプ大統領の政策の不透明さ

トランプ大統領

アメリカと言えども実体経済が追いつかない株価の上昇や、土地価格の上昇はバブルと呼ばれる事が多いのですが、今正にアメリカは、株式市場の高騰でバブルに突入してしまっているのではないかと考えられます。昨年の利上げが後手に周ってしまった事も原因の一部として考えられますが、更に警戒感が強まり利上げの回数は少なくなる事も考えられ、必要以上に慎重になるのではないかと考えられます。

逆に言うと、FOMCとしてはそれだけトランプ政権の政策に不安感を抱いていると考える事も出来るので、いろいろと勘ぐってしまいますね。

見通しの悪いアメリカの未来はリスクなのかもしれない

夜のアメリカ大陸衛星写真

不安を煽るような言い方になりますが、やはり先が読み難いというのはリスクと言っていいでしょう。

特にどういった政策をするのかが未だに不透明なのは、リスクと考えられます。期待感だけが先走っている状況で取引をするのは危険である事を頭にいれておくと、もしもの時に役に立つ事もあるかもしれません。

期待が外れた場合の事もしっかりと考えておく事で、しっかりとリスクに対処する事もできるでしょう。可能性があると言う事をしっかりと知っておかなくてはならないのです。

今後もドルは値崩れを起こすのか?

ドルの崩壊はあり得るのか?

ずっと価値を下げ続けるとは思えませんが、1月5日発表の米指標ADP雇用統計 [前月比]や12月 ISM非製造業景況指数(総合)の経済指標の内容次第では、どちらにも振れる可能性は秘めています。

内容が悪ければ大きくドルは価値を下げる可能性は非常に高く、年明けから非常に注目度の高い経済指標の発表になるのではないでしょうか。目が離せない夜になりそうです。

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!

カテゴリ:ニュース

登録不要のデモ口座でトレードできる業者 攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ レバレッジは最高888倍も!!

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

オプションビット

アルゴビットで高勝率の取引を! 初心者でも出来る最先端のバイナリー

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円
当サイトから口座開設して頂いた方には特典も!?
詳しくは→No1業者の攻略メルマガ配信の詳細を見る

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に5000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中!

No.2  オプションビット

口座開設時間約3分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円~ 初回27500

出金対応もしっかりとしていて、安心感抜群!初心者の方でも利益を狙いたいのなら、TVでもあの武井壮が使ったとして知名度が高くなった事は記憶に新しいです。有名なオプションビットがおススメTOP3入り。独自のアルゴリズムを利用したシグナル、アルゴビットを有効利用して初心者から玄人まで利益を掴め!
☆キャンペーン情報☆
初回入金ボーナス実施中!!入金額によってボーナス額は変わってくるので、プロモーションを要チェック!

No.3  トレード200

口座開設時間約3分
最小取引額200円
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!
☆キャンペーン情報☆
初回入金時にボーナス有り。限定なので一見の価値あり!
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.4  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと言えます。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。
★キャンペーン情報
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.5  THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.6  ザオプション

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。

No.7  ジェットオプション

ペイアウト率2.0倍以上でおなじみのジェットオプション。海外の業者らしいシンプルさと高いペイアウト率は、好きな方は好きなのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP