>  > アメリカ利上げ発表。まさかのドル安、その後為替の動きに期待!
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

HOTワード検索数急上昇中

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

経済指標結果を予想して利益にしよう。動きのある相場はバイナリーオプションで稼ぐチャンス!北朝鮮リスクには要警戒!

アメリカ利上げ発表。まさかのドル安、その後為替の動きに期待!

米利上げでドル売り!?

13日28時(14日の午前4時)の連邦公開市場委員会(FOMC)で発表となった、アメリカ政策金利の利上げですが、17年になって3回めの利上げとなりました。

多くの人が恐らく年末までは米ドルの価値を上げると予想されていましたし、自分もそう考えていたのですが、米ドルは売られてドル安の円高となったのには注目して置きたいですね。

前々から12月と言われていたので、サプライズ感はありませんでしたし、正に想定通りと言った利上げ内容でしたが、米経済が好調なのは間違いないようですし、切り替えて今後の動きに注目しておかなければなりません。。

今回の利上げについて簡単に振り返ってみましょう。

▼目次

FOMCの投票権を持つ9人の内7人が利上げに賛成

FOMCってなんだ?

政策金利の発表を行っているのは、FOMCです。このFOMCと言う組織どういった人達の集まりなのか皆さんはご存知でしょうか?

FOMCは、米連邦公開市場委員会の事なのですが、FRBとはどう違うのかを、まずは知っておきましょう。

アメリカの場合中央銀行だけが議決権があるのではなく、中央銀行の役割を担うFRB(連邦準備制度理事会)と、各地区連銀(連邦準備銀行)の総裁とで決定されます。

この際投票権があるのは、常任メンバーはFRBに所属する議長、副議長、理事5名(理事には空席があるので現在は3名)とニューヨーク地区連銀総裁になります。

残りの4つの投票権を他の地区連銀総裁で持ち回る形が取られる、国際的に非常に変わっている決定方法です。

ちなにこの組織、連邦議会の下にある政府機関であるにもかかわらず、予算の割当や人事の干渉を受けません。

英字新聞アメリカ

アメリカ大陸は面積が広いので、各地区の連邦準備銀行が、日本で言う所の中央銀行のような役割を分担していて、連邦準備制度理事会はそれを統括する立場と考えておけばシンプルなのかもしれません。

その中で過半数以上が賛成したにもかかわらず、反対する人物がいる事に注目したい所です。

調べてみると、反対票はミネアポリス連銀の「カシュカリ総裁」とシカゴ連銀の「エバンス総裁」で、反対の理由を考えてみると、やはりインフレの軟調であり物価が上がりが遅い事を懸念しているのが見て取れます。

来年度、利上げ回数の予想は3回となっていて、こちらも17年度と同程度なので、覚えておいたほうがいいですね。

ちなみに、反対票が2票となったのは、2016年11月以降で初となっていて、利上げは行われましたが懸念も大きかった利上げとなったようです。

ちなみに来年度の1月から、緩和の引き締め政策は予定通り200億ドル規模になることも発表された事で、今後の経済の先行きは非常に重要視されてくるのではないかと考えられるのではないでしょうか。

利上げ後になぜドル売りの為替の動きが起こったのか?

Yahooファイナンス 米ドルの動き

※画像はYahooファイナンス様のチャートを利用しております※

年末までは、ドルが買われると予想されていましたが、FOMC後はドル売りへと進みました。17年の3月の米利上げと同じ傾向があり、「利上げが決まったのにドル円は下落、米国債金利も下落」と言う状況になりました。

理由としては「材料出尽くし」であると考えてもいいのかもしれませんが、はっきり言ってこの利上げは、理由がよくわからないのも事実です。

年度のはじめに3回の利上げを予定していたから利上げをしたとも考えられますし、上記でも少し話ましたが「物価」が景気回復に追いついてきていないのも事実です。

失業率こそいい値が出ていましたが、慎重と言われていたイエレン議長の取った行動としては、利上げの明確な理由が見つからないという事が影響しているのではないかと思います。

年内に1ドル/円115円台も考えられていましたが、このまま下落と言う可能性が多いに出てきたので、米株価に注意しつつ、今後の経済指標には要注目ではないかと考えられます。

物価、インフレ率、米株価に注意しつつ重要指標を狙う

米株価にも注意

今後の為替の動きは不透明です。クリスマス休暇を前に、ポジション調整に入るという見方もあるので、それまでの経済指標をしっかりと見て取引をしていく事をおすすめします。

年末までの米ドル/円に関連しそうな、重要経済指標を挙げておきます。

  • 12/14 22:30 米 11月 小売売上高

  • 12/15 08:50 日本 10-12月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断

  • 12/20 24:00 米 11月 中古住宅販売件数

  • 12/21 15:30 日本 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

  • 12/21 未定 日本 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表

  • 12/22 22:30 米 11月 個人消費支出

  • 12/22 24:00 米 11月 新築住宅販売件数

  • 12/26 8:30 日本 11月 全国消費者物価指数

  • 12/26 8:50 日本 日銀・金融政策決定会合議事要旨

26日以降も指標の発表はありますが、欧米はクリスマス休暇も重なってくるので22日以降で【超重要】と考えられる指標は少ないです。

あくまで個人的なものなので、上記以外でも重要だと思う指標はチェックしておいたほうがいいかと思います。しっかりとチャンスを狙っていれば、利上げ発表後の予想外の為替相場でも十分狙い目はあると考えられるので、しっかりと見て、理解して投資をしていきましょう。

動きのある内に為替を狙うならこの業者

 

長期も短期も狙えるハイローオーストラリアで取引をすれば問題は解決する

短期と長期どちらも狙える業者で取引をすればどちらも狙う事は可能です。
特にハイローオーストラリアは、ペイアウト率も2.00倍と高く海外の業者の中でも出金が速いので、安心感が他の業者とは段違いです。
チャンスだからこそこういった業者で取引をしてみると利益は多くなりそうですね。

 
▼ハイローオーストラリア (High Low – Australia)▼
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアの詳細へ

 

シンプルでデモもあるまずは使って感じるザオプション

利用してみないとわからない事は多くあるでしょう。その一つに使用感があります。いくらシンプルと言っても利用してみないとわからない事は以外と多いはず。無料、口座開設不要でデモが利用できるザオプションは、まずは試してみるには持ってこい。

 
▼ザオプション(theoption)▼

ザオプションの詳細へ

 

レバレッジが888倍!脅威の海外FX業者

海外FX業者を利用するのなら、大きなレバレッジが特徴的な[XM]がいいのではないでしょうか。
ハイローオーストラリアの長期の取引よりももっと長期を狙うのならFX業者の方が利益は大きくなります。心配な損失も[ゼロカット]があるので、口座に入金した額以上は出ません。

 
▼エックスエム (xm)▼

XM(エックスエム)の詳細へ

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!

カテゴリ:ニュース

登録不要のデモ口座でトレードできる業者 攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ レバレッジは最高888倍も!! まだ間に合う!今から始めるビットコインへの投資

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

ザオプション

ザオプションで高勝率の取引を! 初心者でも出来る最先端のバイナリー

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円
当サイトから口座開設して頂いた方には特典も!?
詳しくは→無料シグナルツール&攻略情報配信の詳細へ

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に5000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中!

No.2  ザオプション

口座開設時間2分
最小取引額1,000円
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。
☆キャンペーン情報
「口座開設日より10日以内に10回取引を行った方へ1万円分のキャッシュバックボーナスを提供」。 9/30までの期間限定でしたが好評につき延長!?他のボーナスとは併用できないのでそこには注意!

No.3  トレード200

口座開設時間約3分
最小取引額200円
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!
☆キャンペーン情報☆
初回入金時にボーナス有り。限定なので一見の価値あり!
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.4  THEBINARY

00円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.5  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと的な業者になります。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。
★キャンペーン情報
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.6  ジェットオプション

ペイアウト率2.0倍以上でおなじみのジェットオプション。海外の業者らしいシンプルさと高いペイアウト率は、好きな方は好きなのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP