>  >  > 「移転」ハイローオーストラリアが「オーストラリア」じゃなくなる件
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

HOTワード検索数急上昇中

明日、利益を得る為に要確認!

明日、利益を得る為に要確認!

経済指標結果を予想して稼ごう!動きのある相場はバイナリーオプションのチャンス!

「移転」ハイローオーストラリアが「オーストラリア」じゃなくなる件

ハイローオーストラリア 移行しよう!TOP

6月になって驚きのニュースとして、私の中でTOPに君臨しているのが、ハイローオーストラリアが拠点を変更するという驚きのメールが届いたことです。

つまりは、オーストラリアでの営業を停止するということなのですが、一体どういった事なのか考えてみる事にしましょう。

オーストラリアが国外向けの金融商品に規制強化か?

あくまで推測の域を出ませんが考えられるのが、オーストラリア金融当局が、国外向けの金融商品について、規制を強化したと言う事なのかもしれません。

以前から、日本の金融庁が国外に向けて、金融商品の規制強化を発信していましたが、オーストラリアの金融局がついに動き出したという事なのでしょう。

ただし、倒産や閉鎖という事ではなく、あくまで営業のベースを移す事(業務の引き継ぎ)になるようなので、その点は頭に入れておいた方がいいのでは無いかと思います。

あえて簡単にイメージするなら、「移転」したと考えるのが簡単でわかりやすいのかもしれませんね。

移った先のマーシャル諸島ってどこにあるのか?

ハイローオーストラリア 移行しよう!マーシャル諸島?

「移った先はどこになるのか?」と言った不安がある方も多いかもしれませんが、同じオセアニアのマーシャル諸島になります。

秘境の観光地としては非常に有名な所で、絶景でもあるのですが、先進的な試みを行おうとする事でも有名です。

2018年に話題になった、「法定デジタル通貨」の導入を行おうとした国でもあります。IMFの反対で導入こそなりませんでしたが、一気に知名度が増したと言ってもいいでしょう。更に「オフショア」と呼ばれる海外の業者や、多国籍企業などの租税融合措置があります。具体的に言うと、

  • 外国人が設立したマーシャル諸島会社は全ての税金が免除

  • 国際商業会社は税務申告する必要は無い

  • 役員と株主の資料を公開する必要がない

  • 無記名株式も発行できる

  • 周年申告表、会計帳簿と財務諸表の提出不要

  • 外貨に対する規制も無い

企業的に考えると、締め付けがきつくなるオーストラリアよりも、マーシャル諸島の方がメリットがあると判断したのでしょう。オーストラリア時にあったライセンスこそオーストラリアでの営業では無いので無くなりますが、メリットだけ挙げると非常に多いように感じます。

ハイローオーストラリアの魅力である安心感は変わらないのか?

安全面について全く問題が無いと言えば嘘になってしまいます。というのも上記でも少し触れていますが、事実上の業務委託、もしくは移転となるので、ASICのライセンスというメリットは失うのでは無いと言う事が挙げられます。

しかしながら、母体自体は変わらないのではないかとも思うので、今まで通りの信頼感は持っていてもいいのでは無いでしょうか。ただし頭の隅にはリスクをしっかりと考えておきましょう。最初のうちは少額利益で出金をしておいて、様子を見るのもいいかもしれません。

今後ハイローオーストラリアを利用するなら口座の移行が必要

問題の口座移行に関してなのですが、非常に簡単なので直ぐにやっておきましょう。

ハイローオーストラリアにログインをすると、移行に関するポップアップが出ているかと思います。

ハイローオーストラリア 移行しよう!

移行するには、下部のボタンを押せばいいだけなのですが、その前に、移行前と移行後の口座に違いがあるのか確認されたい方は、「変更点について」を選択してみてください。

ハイローオーストラリア 移行しよう!変更点

サービスの大きな変更点は無いようなので、安心出来ますね。

移行に伴って、キャンペーンが行われるようなので、そちらもチェックしておきましょう。

ハイローオーストラリア 移行しよう!キャンペーン

内容を見た限りでは、デメリットの無いキャンペーンの様です。どちらにせよ移行しなければ取引は出来ないですし、ほんの少しの手間で得をしたと考えられます。

ハイローオーストラリア 移行しよう!

キャンペーンの確認をしたら後は移行するだけになります。

下部にある「口座を移行する」を押すだけなので簡単です。

この期間以外で移行すると面倒になる可能性もあるので、普段から利用されている方は早めの方がいいでしょう。

ハイローオーストラリア 移行完了

上記の画面が出たら移行完了となります。

移行と言うと少し手間がかかるように感じますが、簡単なので早めに移行させておきましょう。

You Tubeにて動画も作成してみました。

先着限定 無料売買ツールとメルマガ特典

カテゴリ:ハイローオーストラリア(High Low – Australia)
2019年06月26日

管理人が注目経済指標を教えます! 登録不要のデモ口座でトレードできる業者 ザオプションの「期間限定」キャッシュバックキャンペーン レバレッジは最高888倍も!!

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円
デモ取引の有無あり無料デモ取引の始め方
当サイトから口座開設して頂いた方には特典も!?
詳しくは→無料シグナルツール&攻略情報配信の詳細へ

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に5000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中!

No.2  トレード200

口座開設時間約3分
最小取引額200円
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円
デモ取引の有無なし

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!
☆キャンペーン情報☆
初回入金時にボーナス有り。限定なので一見の価値あり!
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.3  ザオプション

口座開設時間2分
最小取引額1,000円
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000
デモ取引の有無あり無料デモ取引の始め方

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。
☆キャンペーン情報☆
【期間限定】 「2月限定!ラッキーセブンキャンペーン中!
なんと、1取引の最小取引額¥1,000が¥700になります。!」。

No.4  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと的な業者になります。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。
☆キャンペーン情報☆
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.5  THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.6  ジェットオプション

ペイアウト率2.0倍以上でおなじみのジェットオプション。海外の業者らしいシンプルさと高いペイアウト率は、好きな方は好きなのではないでしょうか。

No.7  ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(FIVESTARSMARKETS)では、少額から本格的なオプション取引を行う事が可能です。 利用してみて初めて分かる良さもある!まずは使ってみてください

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
ハイローオーストラリアの情報はコチラ!
TOP