>  > 国内FX業者と海外FX業者どっちが稼ぎやすい?
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

HOTワード検索数急上昇中

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

経済指標結果を予想して利益にしよう。動きのある相場はバイナリーオプションで稼ぐチャンスです!北朝鮮リスクには要警戒!

国内FX業者と海外FX業者どっちが稼ぎやすい?

国内FX業者と海外FX業者どっちが稼ぎやすい?

▼目次

最大レバレッジの違いによる稼ぎやすさ

レバレッジの違いが稼ぎやすさにどれだけ貢献しているかを実際の例を見ながら確認してみましょう。

今回は1USドル=100円として計算しております。

国内FXの場合
国内FX口座はご存知のとおりレバレッジは最大で25倍となりますので、10,000通貨を取引するために必要な資金は約40,000円となります。(100円X10,000通貨÷25倍=40,000円)

一方の海外FX口座(例えばXM.COM)の場合
レバレッジ800倍の口座なら10,000通貨を取り引きするために必要な資金は1,126円となります。(100円X10,000通貨÷888倍=1,126円)

つまり、FX口座に入金できる余剰資金が50,000円しかない場合でも海外FXであればかなり余裕をもって取引が行えるわけです。
もし50,000円で国内FX口座での取引を望むとしたら、証拠金維持率の関係で10,000通貨は不可能です。1,000通貨の取引などでしばらく資金を増やしてから10,000通貨取引に進むしかありません。
スタートでこれだけ差があるのが実態なのです。

次に、国内FX・海外FXにてコンスタントに取引を行い資産を増やせたとしましょう。
条件として、1USドル=100円。開始時資金10万円、国内海外どちらの口座においても開始時の証拠金維持率が150%となる取引枚数を毎回維持し、1回あたりに50pipsを獲得とした取引にて7回トレード連勝した場合の資産は以下になります。

国内FX口座  開始時 100,000円 →7回終了後 130,000円
海外FX口座  開始時 100,000円 →7回終了後 1,165,000円

国内FX・海外FXハイレバレッジ7回トレード結果

これがハイレバレッジの威力です。実際には複利ロジックが加わることで、上記以上の差が開きます。
もちろんこれは机上のシュミレーションですので常にこれが保証されるものではありませんが、不可能ではないのです。どちらが稼ぎやすいかは一目瞭然ですよね。

追証(ゼロカット制度)あり、なしの違い

国内FX・海外FXの追証(ゼロカット制度)の違い

追証とは、天災、地政学的事件、金融市場におけるリスクの発生などによって急激な為替相場変動が発生した場合、顧客口座資産がマイナスに落ち込むことがあります。この時にマイナス分の請求を追証と呼び、国内FXの多くが採用している制度となります。

海外FXではどうでしょうか。実は海外FXでは追証という制度はありません。(※まれに制度を採用している海外業者はいる)
したがってたとえ相場が大きく変動して口座資産がマイナスになってもトレーダーは証拠金以上の費用を請求されることはないのです。

スリッページやリクオート、約定力に違い

スリッページ、リクォートどちらも体験したくないことですよね。

国内FXを利用されている方は結構な頻度で遭遇されていることと思います。これは国内FX会社のほとんどがDD取引という注文方法で取引をしていることが関係してます。
一方、海外FXはほとんどがNDD取引という注文方法を採用しているのです。
この2つの注文方法における大きな差として、取引に業者が仲介するかしないかという点があります。
スリッページやリクォートの有無もこれらの注文方法における違いが要因となります。

また、約定力の違いに関しても海外FXが採用しているNDD方式では取引の際、インタ-バンクへの注文がディーラを経由せず直接執行されるため高い約定力を提供できていますが、国内FXが採用しているDD取引は一旦、ディーリングデスクが顧客と取引してインターバンク市場へは顧客取引とは反対取引を行うことにしてます。
このようにDD取引では一旦、ディーリングデスクが仲介すことになるため海外FXでのNDD取引に比べて幾つかの不透明な要素が発生することがあります。詳細は本文後半の「取引プラットフォームの違い」に記載してあります。

海外FXなら少額からの取引可能!

最大レバレッジの違いによる稼ぎやすさ」にも記載しましたが、海外FXの最大のメリットであるハイレバレッジを活用することで国内FXでは実現不可能な小額からの取引が可能となります。
初期投資額をあまり用意できない初心者にとっては、海外FXのほうが初期投資額の面においてはるかに稼ぎやすい口座なわけです。

そして、少額からの取引でも稼げる理由はもう一つあります。
それが「証拠金維持率(ロスカット水準)」の違いです。

証拠金維持率(ロスカット水準)」とはトレーダーの損失を拡げすぎないように設けられている水準値で、業者側が設定している証拠金残高(為替差損益を差引いた)の水準値を下回ると強制的に取引が決済されます。
ちなみに、マージンコールとは「証拠金維持率(ロスカット水準)」に近づいた際に警告としてトレーダーに送られるお知らせの事です。
このように、FXでレバレッジをかけて取引する際はある程度の証拠金残高を持つ必要があると理解ができるでしょう。

ここで重要なのが、海外FX業者は「証拠金維持率(ロスカット水準)」が低く、少額からの取引でも稼ぎやすい特徴を持っていること。

比較してみましょう。

まず国内FX業者の証拠金維持率は50%~100%が相場で、海外FX業者の証拠金維持率は20%前後が相場となります。

必要な証拠金の計算方法は「必要な証拠金 = 純資産(含み損益を含む金額) ÷ 設定中レバレッジ × 証拠金維持率」となります。

例で資金10万円で1USドル=100円として10,000通貨のトレードをしたとしましょう。

国内FXの場合は最大レバレッジ25倍で証拠金維持率は100%で算出。
10,000通貨を取引するために必要な資金は40,000円。(100円 X 10,000通貨 ÷ 25倍 = 40,000)

次に必要な証拠金を計算します。
証拠金維持率が100%だと必要な証拠金は40,000円になりますね(1,000,000(100 × 10,000) ÷ 25 × 100% = 40,000)。
つまり、60,000円の損失が発生して証拠金残高が40,000円になると強制的に取引が決済されます。

どれぐらいの下落pipsで強制取引決済になるかというと、たったの4pips(40,000 ÷ 10,000通貨 = 4)です!
余裕のある資金がないと少しの為替変動で強制取引決済されることがわかります。

海外FXの場合は最大レバレッジ888倍で証拠金維持率は20%で算出。
10,000通貨を取引するために必要な資金は1,126円。(100円X10,000通貨÷888倍=1,126)

次に必要な証拠金を計算します。
証拠金維持率が20%だと必要な証拠金は225円になりますね(1,000,000(100×10,000)÷888×20%=225)。
つまり、99,775円の損失が発生して証拠金残高が225円になると強制的に取引が決済されます。

どれぐらいの下落pipsで強制取引決済になるかというと、9pips(99,775÷10,000通貨=9)です!

国内FX・海外FXの証拠金維持率の違い

国内FXより断然トレードに余裕がある事が分かるでしょう。

取引プラットフォームの違い

前章でも説明した海外FXにおける発注方法NDDとは、インターバンクへの発注においてディーラが関与せず直接執行される取引方法のことです。
インターバンクへの注文が、ディーラを経由せず直接執行される取引方法であれば、当然のことながらスリッページやリクォートなど発生することはないに加えて、国内FXの多くが採用しているDD取引時のようなこと(顧客の取引を受け取った国内FA側システムからインターバンク取引に関する故意の操作、下記の画像の様なことは一切発生しません。というよりできないのです。

国内FX・海外FXのNDD取引とDD取引の違い

一企業のシステム内でクローズドな取引環境を経由することなく、直接インターバンクに執行され非常に透明性の高い取引環境というわけです。
このような取引プラットフォームの違いは、日々のトレード執行において利用者にとって非常におおきな安心感につながることと思います。

海外FXが国内FXより劣っている点

享受できる事が多々ある海外FXですが、中には国内FXのほうが優位なことも当然あります。

①入出金の利便性
国内のFX会社のサービス「クイック入金」というものがあります。国内の殆んどの金融機関との間でWEB画面上から即入金反映が可能なサービスです。銀行窓口やATMまで出向かずにサクッと口座への入金が可能。

②税制面
国内FXでの税金は分離課税が適応されてます。したがってどんなに利益が出ても税率は一律20%。さらに複数年にわたって損失繰越が可能です。

③ヘルプデスク機能
当然のことですがサポートはすべて日本人(もしくはネイティブレベルの日本語能力保持者)が対応してくれます。

④取引ツール環境
売り買いのスプリット幅。特に主要取引通貨においては0.3銭という会社もたくさんあります。

以上が国内FXの有利な主要ポイントでしょうか。

圧倒的に国内FXが有利とおもわれますか?

ここで海外FXにおける状況を見てみましょう。

①入出金の利便性
クレジットカードをお持ちでしたらクレジットカードでの入金をお勧めします。会社にもよりますが、即日反映から翌営業日には反映というスピードで入金できます。

②税制面
年間利益330万までは、海外FXでは税率(15%)なのでおさめる税金を比較すると海外FXが有利です。もちろんそれ以降は最大で50%の税率までありますから国内FXの一律20%には勝てませんが、ハイレバレッジでの収益最大化を考えれば資産形成としては満足いく結果を残せるはずです。

③ヘルプデスク機能
全員日本人ということは無理でも必ず日本語が可能な人がいますのでそれほど心配することはありません。また、各社のサイト情報も日本語でしっかり記載されてますので安心いただいて大丈夫です。

④取引ツール
確かにスプリット幅だけを見ると国内FXは異常な狭さです。一方の海外FXでは多くの会社がMT4を採用してます。豊富なテクニカル/独自テクニカルの開発/自動売買ツールの導入といった国内FXの各社独自ツールでは不可能なサービスがたくさんあります。

こんな人は海外FXに向いている

以上、海外FX口座の特徴を説明いたしましたが、これらのサービスを提供しているが海外FX口座にてトレードするに適した方とは、以下のようなトレードスタイルの方と思います。

①小額からトレード開始したい。
②ハイレバレッジを活用し、小額から一定の資産までを目標とし、税金も抑制したい。
③短期トレード(デイトレ、スキャルピング)。
④大きな為替変動時期のトレードから最大限の利益を勝ち取りたい。
⑤常に同じトレード環境(MT4)をどの口座においても使いたい。

国内(日本独自)の環境から一歩踏み出し、ワールドワイドな取引が可能なFXにみあった環境(初心者にとても、真に稼ぎやすい口座)を海外FXで手にいれ資産運用に活用してみてはいかがでしょうか。

▼紹介したハイレバレッジかつ安全性の高い海外FX業者です!

海外FXで人気No1と言われている会社XM.COM

ハイレバレッジや約定力、各種安全度などを見ても非常に優れている会社です。最大888倍と他業者と比べても圧倒的な高倍率!更に最大20000ユーロ(約200万円)までの信託保全でトレーダーの証拠金も安心!
現在、様々な入金ボーナスキャンペーンを行っているのでお得に始めることができます。

 
▼XM(エックスエム)▼
XM(エックスエム)

XM(エックスエム)の詳細へ

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!

カテゴリ:海外FX基本情報

登録不要のデモ口座でトレードできる業者 攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ レバレッジは最高888倍も!! まだ間に合う!今から始めるビットコインへの投資

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

ザオプション

ザオプションで高勝率の取引を! 初心者でも出来る最先端のバイナリー

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円
当サイトから口座開設して頂いた方には特典も!?
詳しくは→No1業者の攻略メルマガ配信の詳細を見る

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に5000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中!

No.2  ザオプション

口座開設時間2分
最小取引額1,000円
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。
☆キャンペーン情報
「口座開設日より10日以内に10回取引を行った方へ1万円分のキャッシュバックボーナスを提供」。 9/30までの期間限定でしたが好評につき延長!?他のボーナスとは併用できないのでそこには注意!

No.3  トレード200

口座開設時間約3分
最小取引額200円
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!
☆キャンペーン情報☆
初回入金時にボーナス有り。限定なので一見の価値あり!
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.4  THEBINARY

00円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.5  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと的な業者になります。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。
★キャンペーン情報
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.6  ジェットオプション

ペイアウト率2.0倍以上でおなじみのジェットオプション。海外の業者らしいシンプルさと高いペイアウト率は、好きな方は好きなのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP