>  > 海外FXの気になる税金・確定申告とは?
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

HOTワード検索数急上昇中

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

経済指標結果を予想して利益にしよう。動きのある相場はバイナリーオプションで稼ぐチャンスです!北朝鮮リスクには要警戒!

海外FXの気になる税金・確定申告とは?

海外FXの税金と確定申告

▼目次

海外FXで最も気になるポイントって?

よく見かける質問の一つに「海外FXなら儲けた利益に税金かからず確定申告不要ですか?」というものがありますが、 そんなことはありません! 海外FXであっても利益には税金がかかるので確定申告が必要なのです。どんな時にどれくらいの税金が必要になるかをまとめました。

利益になった時に誰もが気になるのが税金です。投資を始める前に知っておいて節税に務める事も出来るかもしれません。それでは簡単にではありますが解説していきます。

いくら利益がでたら確定申告をしないといけない?

日中はお勤め、副業としてトレードされている方(給与所得者)なら、利益が20万(年間)以上の場合、それ以外の方(専業のかた、主婦学生など)は利益が38万(年間)以上の場合。年末時点で左記条件を満たした場合は、確定申告が必要となります。

毎年、年末時点で上記額以上の利益があったら忘れずに確定申告を行いましょう。なお海外FXではボーナスと称して入金額やトレード量に応じたボーナス付与があります。これも利益と扱われますのでご注意ください。

国内FXと海外FXの税制の違いについて

国内FXと海外FXとでは、手に入れた利益額にかかる税率が異なります。つまり適応される税制度が異なるのです。

海外FXの税率は総合課税(雑所得)が適応され、国内FXの税率は申告分離課税が適応されます。

なにが違うの?

グラフ

総合課税(雑所得)と申告分離課税の違い、特に海外FXでの税金に絞ったポイントとしては

  • ① 利益の一定額までは海外FXのほうが税金が少ない。以降は海外FXが不利。

  • ② 海外FXでは損失繰越ができない。国内FXでは損失繰越可能。

この2点が大きく異なります、よく理解しておいてください。

上記を例にとると、利益額が赤線までなら海外FXのほうが税金は少なくて済むのです。一方、それ以上の利益が出た場合は海外FXは国内FXより多くの税金を納める必要があります。確定申告に於いてはこの点を踏まえて申告してください。

海外FXでの注意点「損益通算・損失の繰り越し」

損失の繰り越しとは、過去年度の損失を考慮して該当年度の税金を算出できる制度です。これは国内FXが適応している申告分分離課税に於いて適応できるものであって、海外FXに適応されている総合課税には適応されません。

グラフ2

昨年のFX収益をマイナス50万で申告されていた場合、本年の利益が100万であっても、(100万-50万)=50万が本年の課税対象所得となります。つまり過去の損失分を考慮して本年の課税対象所得を、つまり納税額を算出することができるのです。

ただし、海外FXに適応さえている総合課税には本「損失繰越」という制度は存在しません。国内FXならではのメリットになります。国内FX口座では可能であった繰り越しは海外FXでは適応されません。海外FXでは複数年に渡って損失の繰り越し・損益通算はできないので、毎年ごとの利益に対する税金を支払わなければならないのです。

いっぽう、損益通算とは複数の損益を個々に評価するのではなく、まとめて算出(通算)する考えかたになります。

具体的にいますと、①海外FX口座 Aで 利益100万、②海外FX口座 Bで 損失 80万としましょう。前出の図表2をもとに算出すると、①では100万 X 15%=15万の納税、②では利益がないので納税なし。

つまり、合計で口座A分の15万が納税額でしょうか?。ここで損益通算という制度を適応します。

(①の利益100万)-(②の損失 80万)=20万

これが課税対象所得となります。20万に対する15%、つまり3万が納税額となります。このような考え方を損益通算と言うので覚えておいてください。

グラフ3

口座A、口座B、個々に税金算出ではなく合算した結果に対しての税率算出となります。

海外FXでの節税方法まとめ

では、海外FXにおいて収める税金をなんとか抑える手段はないのでしょうか。以下に海外FXにおける節税方法をまとめてみました。

ポイントは、「同じ総合課税(雑所得)扱いの所得同士であれば損益通算できる。」という点になります。(裏を返せば、雑所得「総合課税」ではない国内FXとの間では損益の通算はできないのです。 国内FX 海外FXを使い分けてる方はそれぞれ個別に申告を行うことになります。)

また、同じ雑所得(総合課税)同士とは具体的にいいますと、

  • ・公的年金・私的年金

  • ・原稿料・印税・講演料

  • ・非営業用賃金の利子

  • ・アフィリエイト収入・インターネットオークションの売り上げ

といった収入が該当します。

上記のような収入は海外FXと同じ雑所得扱いになるので損益通算が可能なのです。海外FX以外でこれらの総合課税扱いの収支で損失があれば損益通算対象として申告できるわけです。もちろん複数の海外FX口座をお持ちであれば、前章記載の様に合算での損益通算にて必要以上の納税をせずに済みます。

また、海外・国内を問わず、FXでは「1年間に得た利益から必要経費を引いた金額」が税金の対象になります。

必要経費とは、セミナー受講費用、交通費、書籍費用、トレード用パソコン、インタネット通信費などが該当しますので確定申告時に必要な領収書はしっかり管理しておきましょう。なお、これらは当然のこととしてトレードに使っていることを証明できることが必要です。トレードと関係ないネットサーフィン通信費やゲームで利用しているPC費用などは経費としては認められません。

これまで記載した税金とは、利益から必要経費を引いた額に対して課税されますので、この経費枠を有効に活用する事で節税対策になるのです。

海外FXで脱税は国内FXと同じく「バレます」

なぜ、海外FX口座情報でも税務署は把握できるの?

国内FXは損益が確定の都度税務署にも損益証明書のリストを送っています。したがって税務署は顧客ごとの税金の支払有無をチェックできるのでが、一方海外FXではこのような義務がない代わりに、銀行による海外送金、レジットカード、デビットカードによる入金など金融機関経由の取引履歴から税務署は顧客ごとの税金の支払有無をチェックできるのです。海外だからバレないということはあり得ません。

バレたら?

ごまかしが発覚した場合、不足分の税金を支払うのは当然のことですが、ペナルティとして延滞税などを支払わなければいけません。延滞税の考え方に関しては、https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/nofu-shomei/entaizei/entai.htmを参照ください。

脱税とみなされた場合、無申告加算税等が課せられます。仮装や隠ぺいなど明らかに悪質な場合には、重加算税が追徴でかかります。不足、つまり申告が過少だった場合は過少申告加算税として本税の10%。また悪質な行為(つまり脱税)と判断された場合は税額の35%が課されることになります。

脱税で悪質と判断されてしまった場合に重加算税がかけられてしまえば、それだけで利益がなくなるほどの税金が課税されるのです。こんなことにならない様、確定申告はかならず行ってください。

海外FXの税金・確定申告の総評

過去分の損出を考慮した損益通算が出来ない、利益が一定額を超えると国内FXより多くの税金を収める必要あるなど、考えるとやっぱり、国内FXのほうがいいのでは?と思われるかもしれませんね。

でも、コンスタントに利益を出せる技術を手に入れてあれば年間通して収支がマイナスとはならないはずです、損失繰越の恩恵を受けるということは年間通して利益をだせなかったわけですから。

また、一定額の利益が出たら海外FXから国内FXヘ切り替えたとしても海外FXでのハイレバレッジ等メリット無く、国内FXの環境に於いても変わらず資産増が可能でしょうか。

税制面だけを見るとたしかに国内FXが有利とおもわれがちですが、トータルの収支を見た場合、国外国内どちらを使うかご自身の投資計画と照らし居合わせ活用いただければと思います。

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!

カテゴリ:海外FX基本情報

登録不要のデモ口座でトレードできる業者 攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ レバレッジは最高888倍も!! まだ間に合う!今から始めるビットコインへの投資

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

オプションビット

アルゴビットで高勝率の取引を! 初心者でも出来る最先端のバイナリー

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円
当サイトから口座開設して頂いた方には特典も!?
詳しくは→No1業者の攻略メルマガ配信の詳細を見る

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に5000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中!

No.2  オプションビット

口座開設時間約3分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額初回27500円
当サイトから口座開設して頂いた方には特典も!?
詳しくは→専用攻略メルマガ配信の詳細を見る

出金対応もしっかりとしていて、安心感抜群!初心者の方でも利益を狙いたいのなら、TVでもあの武井壮が使ったとして知名度が高くなった事は記憶に新しいです。有名なオプションビットがおススメTOP3入り。独自のアルゴリズムを利用したシグナル、アルゴビットを有効利用して初心者から玄人まで利益を掴め!
☆キャンペーン情報☆
初回入金ボーナス実施中!!入金額によってボーナス額は変わってくるので、プロモーションを要チェック!

No.3  トレード200

口座開設時間約3分
最小取引額200円
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!
☆キャンペーン情報☆
初回入金時にボーナス有り。限定なので一見の価値あり!
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.4  ザオプション

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。
☆キャンペーン情報
「口座開設日より10日以内に10回取引を行った方へ1万円分のキャッシュバックボーナスを提供」。 9/30までの期間限定でしたが好評につき延長!?他のボーナスとは併用できないのでそこには注意!

No.5  THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.6  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと言えます。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。
★キャンペーン情報
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.7  ジェットオプション

ペイアウト率2.0倍以上でおなじみのジェットオプション。海外の業者らしいシンプルさと高いペイアウト率は、好きな方は好きなのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP