>  > 高い!?one tap buy(ワンタップバイ)の手数料を徹底比較
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

HOTワード検索数急上昇中

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

狙い目はここっ!明日、利益を得る為に

経済指標結果を予想して利益にしよう。動きのある相場はバイナリーオプションで稼ぐチャンス!北朝鮮リスクには要警戒!

高い!?one tap buy(ワンタップバイ)の手数料を徹底比較

ワンタップバイ ひょう2 

高い!?one tap buy(ワンタップバイ)の手数料を徹底比較

最近、「1000円で株主!」というテレビCMで話題になっているワンタップバイですが、本当にお得なのでしょうか?この疑問に答えるために、ここでは、ワンタップバイの手数料が本当に安いのかどうかを他のネット証券と比較してみます。

one tap buy(ワンタップバイ)の手数料とは

ワンタップバイの手数料としては、まず、証券口座開設をして取引を開始するための入金手数料が必要となります。また、取引開始後には、入金や出金に伴う手数料がかかります。

次に、取引を行う際に必要となる取引手数料(売買手数料)については、通常の株式取引とは違って、いわゆる取引手数料という形ではなくスプレッドという形で徴収されます。

スプレッドとは、通常はFX取引で行われているもので、「通貨を売る時の値段と買う時の値段の差」のことです。海外旅行に行くために銀行で10万円をドルに両替する場合を例に取ります。

当日の為替レートが1ドル100円であったとすると、10万円は1000ドルに相当します。しかし、実際には、これよりもかなり少ない金額のドルしか入手できないことに疑問を持ったことはないでしょうか。その理由は、両替レートが1ドル100円ではなくて、例えば101円に設定されているからです。

この1円分の違い(1000ドルに対して10ドル)がスプレッドというもので、この分は銀行の利益(手数料)となります。結局、10万円は1000ドル相当なのに、990ドル程度しか入手できないことになります。

日米株式の取引手数料にもこのスプレッドが導入されています。スプレッドの幅は、売り買いのいずれの場合でも株価の±0,5%(以下、全て税込み)、つまり1回の取引(往復)で1%の手数料がかかることになります。ワンタップバイで米国株の購入をする時には、外国為替手数料として往復で0,7%のスプレッドがかかります。

入出金手数料については、見出し④:one tap buy(ワンタップバイ)の振込手数料の項を参照してください。

米国株の手数料を他社と比較してみた

  

ネット証券でアメリカ株の取引ができるのは、2017年8月現在、3社のみです。これら3社の通常取引による米国株の「売買手数料」は、A,B社が、買付けか売付けのどちらか一方(1約定)で、約定代金の0,486%、上限が21,6ドル、下限が5,4ドルとなっています。一方、C社では、1約定ごとに一律27ドルとなっています。また、為替手数料は、いずれの会社でも1ドル0,25円で同じです。

これに対して、ワンタップバイの「売買手数料」は、ニューヨーク株式市場の開場時には、1約定ごとに一律0,5%、閉場時には、1約定ごとに一律0,7%となっています。為替手数料は1ドル0,35円に固定されています(表1,2)。

表1:ネット証券とワンタップバイでの米国株取引での手数料の比較

  ワンタップバイ ひょう1 

表2:ネット証券とワンタップバイでの米国株取引での合計手数料の比較

    ワンタップバイ ひょう2    

日本株&日本株ETFの手数料を他社と比較してみた

ネット証券での日本株の取引にかかる1約定ごとの手数料は、約定代金ごとに違っています。価格.com(http://kakaku.com/stock/ad/ranking/)での15社の比較によると、約定代金10万円以下の場合、最低0円から最高1620円まで、約定代金100万円の場合、最低162円から最高9153円までと大きな幅があります。15社の平均では、約定代金10万円以下の場合273円、約定代金100万円の場合2000円強となっています。

これに対して、ワンタップバイでの日本株「売買手数料」は、約定代金に拘わらず0,5%に固定されています。表3に、代表的なネット証券6社とワンタップバイとの売買手数料の比較を示しました。

全ての上場銘柄に対してではないものの、通常の単元株での取引以外の単元未満株での取引サービスを行っている証券会社もあります。まず、単元株の1/10から取引ができる株式ミニ投資(ミニ株)というサービスを2社が行っていますが、その最低手数料は、それぞれ54円と540円となっています。

さらに、1株から取引ができるワン株、S株、プチ株というサービスを3つのネット証券が扱っていますが、その手数料は、約定代金の0,5%(最低手数料が48円あるいは50円)、あるいは2万円まで100円でそれ以上は1万円ごとに67円(0,67%)となっています。

表3ネット証券とワンタップバイでの日本株取引での手数料の比較

ワンタップバイ ひょう3               (青字は単元未満株取引での手数料)

日本株ETFの手数料をワンタップバイとネット証券3社間で比較すると(表4)、約定代金が5万円の場合に、ネット証券3社と比較してワンタップバイの手数料が高くなっています。

一方、約定代金が1万円、1000円と下がって行くに従って、「売買手数料」が約定代金の0,5%に固定されているワンタップバイの優位性が際立ってきます。 なお、キャンペーン期間中はスプレッドが0%になったりするので、情報確認を怠ると損をします。

表4:ネット証券とワンタップバイでの日本株ETF取引での手数料の比較

ワンタップバイ ひょう4               (青字は単元未満株取引での手数料)

one tap buy(ワンタップバイ)の振込手数料

ワンタップバイでの入出金手数料は、基本的には顧客の自己負担です。ただし、ワンタップバイでの専用口座がみずほ銀行に置かれるため、みずほ銀行への出金時には手数料が割安になります。例えば、3万円未満の出金時にかかる手数料は、みずほ銀行宛だと108円、他行宛だと270円であり、3万円以上の出金時にかかる手数料は、みずほ銀行宛だと216円、他行宛だと378円です。

ほとんどのネット証券には即時入金サービスというものがあり、インターネット上で顧客の銀行口座から証券会社の口座に入金することができます。入金額は即時反映され、振込手数料は無料で、24時間利用可能です。一方、ワンタップバイへの入金については、銀行ごとに決められた振込み料金が徴収されます。

ただし、住信SBIネット銀行、新生銀行、大和ネクスト銀行、ソニー銀行などからは所定回数までは無料で入金が可能です。

便利な「銀行においたまま買付」について

ワンタップバイでは即時入金サービスに対応していないため、ワンタップバイの口座への入金は全て振込となり、手続きが面倒な上に振込手数料もかさんでしまいます。

これを回避する手段として、みずほ銀行の口座の預金金額内で株式取引の約定金額の決済が行えるサービスが用意されています。すなわち、送金手続きなしで、その場で株を買うことができるという証券業界初のサービスです。

登録手続きは、スマホから6タップで行える簡単なものです。ただし、このサービスを利用する際の取引単位は1万円からであり、1回の手数料が108円かかることに注意が必要です。

まとめると

手数料等を見ても、高額での株式取引以外なら、ワンタップバイでの取引は非常に有利です。そもそも1,000円からの低額株式を売りにしているので、有利なのは当然です。

手軽に取引が出来るというメリットをしっかりと活かした取引をしていく事こそ。ワンタップバイの魅力は手軽に、少額からの株式取引です。手数料もしっかりと頭にいれつつ、コツコツと利益を目指しましょう。それが出来るのがワンタップバイです。

興味のある方は初期投資も低くなっているので、まずは試してみてもいいかもしれませんね

▼紹介したCMで話題の証券投資です!

日本初3タップで株の売買ができる証券取引アプリ

投資初心者に特化した新しいサービス誕生!
「証券」のつかない証券会社として話題を呼んでいるワンタップバイは、わずか1,000円から株取引が始められます。
有名企業の株も充実しており、たとえばアップル、ウォルトディズニー、マクドナルド、マイクロソフト、日産の5銘柄に分散投資したい場合、通常取引では50万円以上必要な所がワンタップバイなら5,000円で済みます。更に配当金も購入額に応じてしっかり分配!

 
▼One tap buy(ワンタップバイ)▼
One tap buy(ワンタップバイ)

One tap buy(ワンタップバイ)の無料登録はこちら

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!
登録不要のデモ口座でトレードできる業者 攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ レバレッジは最高888倍も!! まだ間に合う!今から始めるビットコインへの投資

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

ザオプション

ザオプションで高勝率の取引を! 初心者でも出来る最先端のバイナリー

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円
当サイトから口座開設して頂いた方には特典も!?
詳しくは→無料シグナルツール&攻略情報配信の詳細へ

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に5000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中!

No.2  ザオプション

口座開設時間2分
最小取引額1,000円
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。
☆キャンペーン情報
「口座開設日より10日以内に10回取引を行った方へ1万円分のキャッシュバックボーナスを提供」。 9/30までの期間限定でしたが好評につき延長!?他のボーナスとは併用できないのでそこには注意!

No.3  トレード200

口座開設時間約3分
最小取引額200円
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!
☆キャンペーン情報☆
初回入金時にボーナス有り。限定なので一見の価値あり!
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.4  THEBINARY

00円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.5  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと的な業者になります。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。
★キャンペーン情報
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.6  ジェットオプション

ペイアウト率2.0倍以上でおなじみのジェットオプション。海外の業者らしいシンプルさと高いペイアウト率は、好きな方は好きなのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP