>  > 今だからこそビットコインよりもアルトコインが盛り上がる
ビットコイン取引所ならコインチェック(coincheck)

HOTワード検索数急上昇中

仮想通貨の注目ニュース

仮想通貨の注目ニュース

最新の仮想通貨ニュースと注目のニュースを紹介しています。間に合わなくなる前に、まだ知らない人は急いでcheck!

今だからこそビットコインよりもアルトコインが盛り上がる

アルトコインTOP画像

管理人のおすすめ アルトコインはこれだっ!

12月23日~の管理人のおすすめアルトコインを、管理人の独断と偏見で紹介します。決して公平なものではなく、自分なりの理由を用いておすすめしておきます。ちなみに、アルトコインなのでビットコインは入りませんのでご注意ください。

  • 第1位 NEM(XEM)・・・復活はあるのか?値戻りに期待 

  • 第2位 Ripple(XRP)・・・取り扱い取引所の増加、ロックアップ

  • 第3位 Lisk(LSK)・・・マイクロソフトとのパートナーシップ

基本的には、ビットコイン大暴落時に、そこまで値を下げなかった仮想通貨を選んでいます。比較的安価で、いいニュースがありつつ、底が硬いもの、そして購入しやすいものを狙いたい所です。

▼目次

仮想通貨には前々から興味があり、ちょっとだけ手を出してみようと思っていたのですが、ビットコインの値段を見ると200万円近くになっていて、手が出し辛いと思っている方も多いのではないかと思います。

実際に私自身が手を出し辛い思っていたところ考えたのが、「ビットコイン以外の仮想通貨は実際投機としてどうなのか?」という事です。

ビットコインは仮想通貨の中でも一番価値が見出されて、投機もされているのですが、それ以外の仮想通貨は一体どうなっているか、そこから考えてみましょう。

最近はビットコインからアルトコインへの投機の流出もあるようなので、特徴と取り扱い取引所をしっかりとチェックしておいてください。

ビットコイン以外の仮想通貨、アルトコイン

ビットコインとアルトコインと言う括りは、少し大雑把すぎるのではないかと思います。アルトコインと一言で言っても種類は非常に多く個性があります。ただし、何と言っても盛り上がりを見せかけているのは、ビットコインだけでなく、「アルトコインも同じ」なのです。

ビットコインも暴騰と暴落を繰り返しているのですが、アルトコインも大きな値動きを見せているものが数多くあります。

その数は1000種類以上あると言われているのですが、中でも注目度が高い仮想通貨を簡単に紹介していきます。バイナンスなどの海外取引所は日本円を直接入金してコインを購入をする事は出来ないので、ご注意ください。

イーサリアム(ETH)とは

イーサリアム

イーサリアムはビットコインと同じく「暗号通貨 (仮想通貨)」です。イーサリアムは、2013年にヴィタリック・ブリテンという人物が設計したと言われていて、2014年の中頃には販売を開始しています。

イーサリアムは現在でも開発が続いていて、世界各国に散らばった開発者チームが貢献によって報酬を得るという、作業自体もブロックチェーンのように連なったものとなっており、開発元が1極集中せずに作成されています。

仮想通貨の定義の面では、ビットコインが「決済システム」と言われていますが、イーサリアムはスマートコントラクト属性の「アプリケーション作成プラットフォーム」で、大きなポイントとして考えられているのが誰でもイーサリアムのブロックチェーンを利用してアプリを作成できる点です。

目的の違いが明確なのが面白くイーサリアムは世界のコンピューターと言われたりもするのが特徴的といえるのではないでしょうか。

▼取扱取引所の一部▼

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

▼ザイフ (Zaif)▼
ザイフ

ザイフ(Zaif)の公式ページへ

▼GMOコイン (coincheck)▼
GMOコイン

GMOコインの公式ページへ

▼ビットトレード(BitTrade)▼
ビットトレード

ビットトレード(BitTrade)の公式ページへ

イーサリアムクラシック(ETC)とは

イーサリアムクラシック画像

上記のイーサリアムから分裂した暗号通貨(仮想通貨)。独自発展を続けている点に注目しておきましょう。

分裂の契機となったのは、「THEDAO事件」と呼ばれるもので、The DAOのスマートコントラクトコードの脆弱性を突いて当時の金額で約65億円相当のイーサリアムが不正に送金された事を発端としています。

その際にイーサリアムの対応としては単純ですが影響の大きなハードフォークで、簡単に言えば、「新仕様を採用しそれまでの旧仕様は無視をする」という割りと強引な対応を取り、これに反発した一部が分裂して、イーサリアムクラシックとなったわけです。

イーサリアムクラッシックのような分裂はメリット・デメリットどちらも兼ねる事なのですが、分裂理由からもわかるように、基本はほぼイーサリアムと同じなので、価格変動がイーサリアムの影響を受けやすいと言う点があるのは注意したい所です。

▼取扱取引所の一部▼

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

▼ザイフ (Zaif)▼
ザイフ

ザイフ(Zaif)の公式ページへ

▼GMOコイン (coincheck)▼
GMOコイン

GMOコインの公式ページへ

▼ビットトレード(BitTrade)▼
ビットトレード

ビットトレード(BitTrade)の公式ページへ

Lisk(LSK)とは

リスク画像

イーサリアムと同じく「スマートコントラクト属性」の暗号通貨です。

現時点でのシェアではイーサリアムには及びませんが、イーサリアムとは違う点があるのが特徴的です。それが、「サイドチェーン」と呼ばれるものではないかと思います。

サイドチェーンはイーサリアムクラッシックの分裂の発端になったTHEDAO事件のようなトラブルに対処しやすいのが特徴で、メインのブロックチェーンとは別物として、分散型のアプリケーション上にブロックチェーンが準備してあり、そこにコードを書いて動作させる事が可能で、トラブルが発生した場合には、開発者がコントロールする事が可能で、ハードフォークなどのリスクの伴う大きな修正を加えなくても良いと言う点が目に見えるメリットです。

名前が「リスク」なので、中身を知らなければ、安全面を考えてしまいそうですが、知ればしっかりとしているのがLiskです。

▼取扱取引所の一部▼

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

Factom(FCT)とは

FCT画像

ファクトムは日本ではあまり馴染みが無い暗号通貨かもしれませんが、ブロックチェーンテクノロジーを応用して作られた、ビットコイン2.0通貨の内の1つになります。

ブロックチェーンの最大のメリット、改ざん不可能と言う点に注目し、あらゆる電子データの分散、記録、追跡、管理を目的としているのが特徴といっていいでしょう。

言うなれば、「データ管理プラットフォーム」なのです。

主に利用されているのは、中国における権利の管理、監査をテクノロジーに置き換えるスマートシティ計画、米国住宅ローン市場のデータ管理において、Factom(ファクトム)のブロックチェーン技術採用が決定など、実用化が現実視されている計画に採用されつつあります。

また本来は絶対数が決まっていて、拡張性が少ないのですが、ファクトムには「レイヤー」という概念があり、ビットコインのブロックチェーンテクノロジーをそのまま使うのではなく、発展させたものと考える事もできます。

用いられている暗号通貨はセキュリティー面で、Factomの支払いに利用されている「FCT」です。現在は国、企業が利用するに留まっていますが、最終的に個人で利用できるようになると考えるのならば、データ管理の面で非常に安心できるテクノロジーとなり得るのがfactomではないかと思います。

▼取扱取引所の一部▼

Monero(XMR)とは

モネロ画像

「モネロ」はビットコインと同じく「決済システム」としての暗号通貨と言えるのではないかと思われます。ビットコインとの違い、それは「匿名性の高さ」です。

ビットコインは公開帳簿式(ビットコインアドレスと呼ばれるもの)を採用していて、誰がどう送金したのか記録がしっかりと残り、それを誰でもが閲覧する事ができます。これはある意味安心できますね。

ですが、ビットコインアドレスを検索すれば、どれだけのビットコインを誰が持っているのかが、調べればわかるということでもあり、反対に、アドレスの開示を行わないモネロには、外部から情報を追う事が出来ない匿名性の高さがあります。

ビットコインでさえ匿名性の高さが話題になるくらいなので、それ以上と言うと想像が付かないですね。保有や利用を考えるのなら、この特徴にはメリットもデメリットもある事も知っておきましょう。

匿名性が高いメリットは、保有量、保有者がわかり辛く、送金時も匿名性が高い事が挙げられるでしょう。逆に、誰がどれだけ持っているのかがわからないと言う事は、犯罪に利用される可能性や、一部企業の値の釣り上げ、売り抜けなども考えられ、リスクになり得る可能性があります。

投機で長期保有を考えるなら尚更、頭にいれておいたほうがいいでしょう。

▼取扱取引所の一部▼

Augur(REP)とは

オーガー画像

「オーガー」の言葉の意味は「占い師」というのはご存知でしょうか?

実はこれ、オーガーについて的確な名前であり、ビットコインやイーサリアムなどの、他の仮想通貨を利用して動かす事が想定されたものなのです。

「占い師」の意味がつけたれたのは、「未来予測市場の為の分散型ブロトコル」が理由で、未来を予測して、その予測が正しければ、ビットコインやイーサー(イーサリアム)で報酬が受け取れます。

何故、わざわざそんな事をするのか?

誰しもが必ず思う所ですが、coincheckに例として挙がっているのが、アメリカ大統領選です。当時の予想としてヒラリー・クリントンが圧倒的に有利となっていたのですが、ドナルド・トランプに敗れてしまいました。この予測を出したのはマスメディアなのですが、ある意味メディアは情報を集めますが、自らの意思、希望を発信する「中央集権型」と言ってもいいでしょう。中央の意思に影響されてしまうのです。

しかしながら、”The Wisdom of the Crowd”「群衆の知恵」というものがあります。数多くの匿名個別データを集計する事で、全体としての知恵を得る事が出来ると言う考え方に基づいたものとなっています。

流れとしては「予測市場となるイベントを提案」→「起りうる結果の予想ひとつひとつに仮想株が作られる」→「予測に参加する人は予測する結果に紐付けられている仮想株を買う」→「レポーターと呼ばれる人達がイベントの結果を報告」と言った形で、言葉にすると説明が難しくなりすぎてしまいますね。

予測には仮想株価がついていて、理論的には株価=パーセンテージと考える事も出来るようです。

レポーターには報告の報酬が与えられ「Reputation(評判)」。これがオーガーでの暗号通貨であるREPとなるわけです。このREPという通貨表記は下記で紹介するリップルと間違われやすくなっているので、注意が必要です。

難しく言ったらどんなものなのか理解できそうにありませんが、簡単に言えば、ブックメーカーみたいなものを考えてみてください。

▼取扱取引所の一部▼

Ripple(XRP)とは

リップル画像

リップルは2004年にカナダの Ryan Fuggerというウェブ開発者により作られています。ビットコインと同じ決済方法のひとつとしてブロックチェーンテクノロジーを利用してつくられています。

現在のビットコインとは違う特徴として、「決済速度」があります。ビットコインの場合、決済に30分近くかかるの所、リップルではわずか数秒だとも言われるくらいに違いがあるのです。

これを見てもわかるように、リップルはビットコインの弱点である送金にかかる時間を補う為に開発されたと考えてもいいのかもしませんね。しかしながら、ビットコインでの送金が決して遅いのではなく、銀行間送金に比べると、十分に早く手数料も安いです。

リップルへと熱い視線を送っているのは「銀行」で、三菱東京UFJ銀行を筆頭に、バンクオブアメリカ・メリルリンチ(アメリカ)、スタンダードチャータード銀行(イギリス)、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(イギリス)、サンタンデール(スペイン)、CIBC(カナダ)、ウエストパック銀行(オーストラリア)がリップルネットワークを使った銀行間送金を考えている事を表明したことで、今後に期待感はありますが、「両替機能として一時的な保有」に利用方法が限定されてしまった場合、デメリットとなるのですが、長期保有して楽しみな仮想通貨と言っていいほど将来性を感じます。

発行通貨量が多いことから、極端な値上がりはそれほど期待されていないので、そこには注意してください。

▼取扱取引所の一部▼

▼GMOコイン (coincheck)▼
GMOコイン

GMOコインの公式ページへ

▼ビットトレード(BitTrade)▼
ビットトレード

ビットトレード(BitTrade)の公式ページへ

Zcash(ZEC)

Zキャッシュ画像

ジーキャッシュの特徴としては、取引追跡ができない完璧なプライバシー保護を謳う仮想通貨です。「決済手段」として期待されているのはここまでの説明で察しが付いた方も多いのではないでしょうか。

中身をみると、非情にモネロと似ていると感じるかもしれませんが、ジーキャッシュの場合この匿名性は、「ゼロ知識証明」によって支えられています。

これまた少し解説がしずらいのですが、例えば、何かが正しい場合、それを証明するのに「その何かは正しい」と言った事情しか伝えないというものです。何がどう正しいのかという部分を秘匿することで、「何か」がどういったもので、どれだけの数があるのかを秘匿することを目的としています。

仮想通貨の量などはまるで伝える事なく秘匿状態で決済されるのです。2016年10月28日のローンチの新しい仮想通貨なので、これからに期待が高まる仮想通貨と言えるでしょう。

▼取扱取引所の一部▼

NEM(XEM)とは

NEM画像

ネム(NEM)にはNew Economy Movement(新たな経済運動)という意味があります。仕組みにはPoI (Proof-of-importance)と呼ばれるものが採用されていて、富の再分配と表現されています。

>詳しくは取扱いのあるcoincheckに説明が記載されているのですが、引用し、解釈ををすると、ネム(NEM)のネットワークに貢献した人に利益が得られる仕組みのようです。

ビットコインでマイニングと呼ばれる採掘は、ネムでは「ハーベスティング」と言われ、取引など、ネムのネットワークに積極的に関わった人が報酬を得る事が出来る仕組みのようです。マイニングをしなくても貢献(取引など)をした人に分配されます。

これこそがPoIと呼ばれるシステムの強みで報酬を一部の人だけでなく、より分配するのが目的とされていて、その点にかんする注目度が非情に高くなっています。

通貨名は通貨名はXEM(ゼム)と呼ばれています。

▼取扱取引所の一部▼

▼ザイフ (Zaif)▼
ザイフ

ザイフ(Zaif)の公式ページへ

LiteCoin(LTC)とは

ライトコイン画像

ライトコインは、決済手段として考えられている仮想通貨で、基本的な部分はビットコインと同じと言ってもいいのですが、決定的に違う部分があるのはご存知でしょうか。

それは、やはり「送金時間」です。ライトコインができたころには問題視されていたという事になりますね。ライトコインはアルトコインの先駆けと言われることもあるのですが、その理由として、ビットコインの弱点を補うように開発されたと言う所が挙げられます。

送金時間は、ビットコインの約5分1ほどと言われていて、正に日常的に利用するのなら、決済までに時間の掛かるビットコインよりもライトコインの方が決済としては現状優れていると言ってもいいのではないでしょうか。

まだまだ、ビットコインよりも知名度が低い状態にあり、時間の短縮で、安全性に対して不安視されることもあるので、それらが解消されればビットコインに変わる決済手段として注目が集まる可能性は大きいです。

▼取扱取引所の一部▼

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

DASH(DASH)とは

ダッシュ画像

ダッシュは、「決済での利用を念頭に置いた」仮想通貨となっています。

ビットコインよりもダッシュはより匿名性が高くなっているのが特徴です。ビットコインにはビットコインアドレスがあり決済の情報自体はわかりませんが、どの程度ビットコインを送付しているのかが、追えてしまいます。

ここだけを見るとモネロ(Monero)と同じように感じますが、ダッシュが取引をまとめたあとシャッフル。モネロは一度分解してシャッフルとなるので方法を採用しているので、厳密に言うと少しシステムが違うのがポイントです。

安全面を考えると、匿名性が高いのは安心感もあるのですが、犯罪利用などのリスクがあるので投機として考える場合は、メリットとデメリットが近い所にあると言う事をしっておいた方がいいかもしれませんね。

▼取扱取引所の一部▼

BitcoinCash(BTH)とは

ビットコインキャッシュ画像

ビットコインキャッシュはビットコインから「ハードフォーク」された仮想通貨です。取引スピードの低下を危惧した、ビットコインマイナー(マイニング業者など)達によって作られました。

作られたと言っても、ビットコインからのハードフォークなので、機能的にはほとんどビットコインと変わりません。名前にも「ビットコイン」がついていますしね。

違いとなるのは、決済速度を上げる為にブロックサイズの拡大、セキュリティー向上の施策が用意されているなど違いこそありますが、少なくとも目的、そして考え方は、ほとんどビットコインと変わりません。

ハードフォークの際にコピーしてフォークしたので、ビットコイン保有者に同額のビットコインキャッシュが付与されており、マイニング業者は少なくなっているのは現状ではビットコインとの違いと言ってもいいかもしれませんね。

分裂後、ビットコインキャッシュ自体は一度値を下げましたが、ある意味、ビットコイン分裂バブルの先駆けと言っていいのかもしれません。

▼取扱取引所の一部▼

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

▼ザイフ (Zaif)▼
ザイフ

ザイフ(Zaif)の公式ページへ

▼GMOコイン (coincheck)▼
GMOコイン

GMOコインの公式ページへ

▼ビットトレード(BitTrade)▼
ビットトレード

ビットトレード(BitTrade)の公式ページへ

MONAcoin(MONA)とは

モナコイン画像

モナコイン(モナーコインと呼ばれる事も)は、日本発祥の仮想通貨です。

日本での知名度は割りと高く、コインの絵を見て分かる方もいらっしゃるかもしれませんが、「2ちゃんねる」発祥でスレッドにいた「わたなべ氏」が開発した物です。

ライトコインと同じような作りでしたが、利用の仕方を含めて、独自アップデートをした仮想通貨と言えるのではないかと思います。

投げ銭と呼ばれるAskMona(アスク・モナ)は非常に独特で、投稿に対してチップがもらえる形になっています。更には利用可能な通販サイトも出来た事で、日本での地位を少しづつあげているのが特徴的です。

取扱取引所も徐々に増えているので、投機目的で保有している方も多いのではないでしょうか。

▼ザイフ (Zaif)▼
ザイフ

ザイフ(Zaif)の公式ページへ

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

▼GMOコイン (coincheck)▼
GMOコイン

GMOコインの公式ページへ

ZAIFトークン(ZAIF)

ザイフ画像

Zaifで取り扱いのあるのがトークンです。

現在の国内取引所でトークンの取り扱い上一番名前があがっているのがZaifトークンではないかと思います。トークンは仮想通貨では無いのではないか?と言われるかもしれませんが、定義としてはブロックチェーン上で発行した独自のコインのことで、仮想通貨ではありませんが、関連性は高いです。

流通しなければ無価値と言ってもいいのですが、価値さえあるのならビットコインとの交換等もされているので、「トークン」は注目されているのでしょう。

考え方は少しむずかしいかもしれませんが、トークンは仮想通貨上の株式と考えるとわかりやすいかもしれません。

取扱取引所も徐々に増えているので、投機目的で保有している方も多いのではないでしょうか。

▼ザイフ (Zaif)▼
ザイフ

ザイフ(Zaif)の公式ページへ

草コインと呼ばれる仮想通貨も存在することを知っておこう

草コインと呼ばれる仮想通貨があるのですが、「数十倍、数百倍」になる可能性があるコインとして注目があつまっています。草コインはひとつのコインではなく、価値がついて無い、もしくは、価値が現在低いコインのことをひとまとめにして呼んでいるのですが、その中に未来のビットコインがあるとまでは言えません。単価が安い仮想通貨の為、多くのコインを保有出来る事で、価値が上昇した時に、数倍、数十倍の価値になりやすいのです。

いわゆる、「超低位仮想通貨」と呼ばれるもので、リスクもありますがメリットもある仮想通貨と言ってもいでしょう。日本の取引所で取り扱っていないことからわかるように、安全面や信頼性があるのかどうか、見極めが難しいです。

1円のコインでも日本の取引所を見ているとみかけませんが、1円以下のコインが海外の取引所では取り扱っています。何度もいいますが、リスクは大きくなりますが、大きな利益と考えるとこういった草コインに投資をする事で利益を大きくする方法がある事も知っておいたほうがいいでしょう。

▼バイナンス(BINANCE)▼
バイナンス

バイナンス(BINANCE)の公式ページへ

取引所は、今後取扱い仮想通貨を増やしていくのではないか

投資する未来が見える

coincheckの登場が多いのは、取り扱いしている仮想通貨が日本の取引所で一番多いからです。ビットコインはどこの業者も取り扱っているので省いています。

安全面と言う問題をクリアした仮想通貨から今後取扱は増えていくのではないかと思います。投機としての仮想通貨への盛り上がりは加熱気味ではありますが、ビットコイン熱は、今後はアルトコインへと徐々に以降していくのではないかと思います。

ビットコインがブロックチェーンテクノロジーのプロトタイプだとしたら、アルトコインの多くは、ビットコインとは違った考え方のもの、もしくはビットコインのマイナス面を補うものが増えています。

「バブル」だと言われていますが、技術的な注目度は非常に高く分岐を繰り返しながら、価値を高め合っていく可能性もあるということを覚えておきましょう。

銀行が危機感を感じ仮想通貨の技術を利用しようとしている所に着目した上で、今後価値が上がりそうなアルトコインにも注目してみてください。

バブルな仮想通貨の値動きをあえて利用するのもいいのでは?

ビットコインでFXというと少しリスクが高く感じます。仮想通貨の中でもビットコインは大きな動きをするので、「レバレッジ」を掛けて取引が出来る事を考えると、「追証」がどうしてもデメリットに感じてしまうはずです。

しかしながら、その追証が無い取引があるとしたら、興味深く感じるトレーダーも多いはずです。

証拠金維持率20%を割ると強制ロスカットとなりますが、

 

国内初の証拠BTC取引(BTCFXR)が可能!!

ビットバンクトレードは追加の証拠BTCが不要のビットコインFXが出来る!
レバレッジは最大20倍と最高値も高く、何よりも国内唯一の追証ナシ。

証拠金の維持率が20%を下回ると強制的にロスカットとなりますが,
追証となるよりもリスクは少ないように感じます。

 

取扱可能な仮想通貨が現状では「ビットコイン/USD」のみと少なく感じますが、仮想通貨の中でも信頼性があり、値動きが大きなからこそビットコイン/USDに絞っているのでしょう 。

コイン保有目的ではなく、BTCを積極的に売買するためのサービス。それがビットバンクトレードです。

▼ビットバンクトレード (bitbank Trade)▼
ビットバンクトレード

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の公式ページへ

現状はビットコインよりもアルトコインの方がスペックが高い

需要

ビットコインは、仮想通貨のプロトタイプであるのは間違いありません。信頼性、安全性を考えると、今までブロックチェーンに大きな問題がなかった事から取引所のセキュリティーさえしっかりとしているか、ウォレットへしっかりと移しているのなら、盗まれると言った事態は避けられるものです。

しかしながら、上記で少し紹介したように、新たなブロックを増やすためのマイニングに規模や時間がかかりはじめ、肝心の決済にに時間が掛かるようになってきています。その欠点を補っているアルトコイン(オルトコイン)に期待がかかるのは、当然の結果なのかもしれません。

実際に、決済時間の改善がなされているアルトコインもありますし、匿名性の高くなっているアルトコインも出来ています。

投機として考えても、ビットコインのように、数ヶ月で何十倍と言った価値の上昇が考えられるかもしれません。

ビットコインも数年で大型のアップデート(ブロックの容量を大きくする)などが噂されていますが、その間にアルトコインへと需要が移る可能性は十分に考えられます。仮想通貨バブルとは言われていますが、なぜ需要が高く、注目度が高いのかをもう一度考えてみてください。

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!
登録不要のデモ口座でトレードできる業者 攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ レバレッジは最高888倍も!! まだ間に合う!今から始めるビットコインへの投資

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

ザオプション

ザオプションで高勝率の取引を! 初心者でも出来る最先端のバイナリー

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円
当サイトから口座開設して頂いた方には特典も!?
詳しくは→無料シグナルツール&攻略情報配信の詳細へ

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に5000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中!

No.2  ザオプション

口座開設時間2分
最小取引額1,000円
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。
☆キャンペーン情報
「口座開設日より10日以内に10回取引を行った方へ1万円分のキャッシュバックボーナスを提供」。 9/30までの期間限定でしたが好評につき延長!?他のボーナスとは併用できないのでそこには注意!

No.3  トレード200

口座開設時間約3分
最小取引額200円
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!
☆キャンペーン情報☆
初回入金時にボーナス有り。限定なので一見の価値あり!
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.4  THEBINARY

00円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.5  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと的な業者になります。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。
★キャンペーン情報
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.6  ジェットオプション

ペイアウト率2.0倍以上でおなじみのジェットオプション。海外の業者らしいシンプルさと高いペイアウト率は、好きな方は好きなのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

Comment

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP