>  > ビットコインが29%以上も暴落!?何故急落したのか原因を探ろう!
ビットコイン取引所ならコインチェック(coincheck)

HOTワード検索数急上昇中

仮想通貨の注目ニュース

仮想通貨の注目ニュース

最新の仮想通貨ニュースと注目のニュースを紹介しています。間に合わなくなる前に、まだ知らない人は急いでcheck!

ビットコインが29%以上も暴落!?何故急落したのか原因を探ろう!

ビットコインの画像  
 

【最新】4/2 coincheckをマネックスが買収か?

NEM流出の補填をしてこれから経営再建かと思われていたcoincheckですが、営業再開は難しいのではないかと言う声が出ています。そんな所にcoincheckをマネックスが買収するかもしれないと言うニュースが飛び込んできました。

注目すべきは、和田社長などの行方ですが、株主として残るようです。

直接的にビットコインやオルトコインの価格変動には関係は無さそうですが、今後の仮想通貨取引所の行く末を考えると、間違いをおかした業者は吸収、そして合併されていくのでしょう。

古くからある交換業者は、「オリジナル」なんて呼ばれたりするのかもしれませんね。動向には注目です。

4/6 マネックスがcoincheck買収を発表

正式な発表があったようです。買収価格は36億円で全株式を購入した模様です。

気になる人事ですが、和田氏は社長退任、変わりにマネックスから勝屋氏が就任。和田元社長と大塚取締役は執行役員としてcoincheckに残るとの事。マネックスの買収話が出ていた時から、買収された方がいいのではないかと言う声も出ていましたが、その通りになりましたね。

仮想通貨の価格への影響は少ないとは思いますが、取引所関連のニュースとしては大きなものになるので、お伝えしておきます。

4/23下落の後には上がる仮想通貨は未だに健在

coincheckがマネックスに買収されてから、一時期下がっていた仮想通貨の価格も戻りつつあります。特にリップルが50円台まで下落して、そこから90円台まで回復と多いなV字回復を見せています。

一喜一憂してしまうのが仮想通貨と言えばそうなのですが、基本的に大口取引に流される傾向があるので、タイミングを逃したら保持(ガチホ)も長期的に見るとありでしょう。

今までのように値が上がりそうな仮想通貨に手を出すよりも、その仮想通貨の特性を考えて、将来性に投資をしたほうが、相場の変動に一喜一憂しなくていいかもしれません。

アルトコインの特性については「今だからこそビットコインよりもアルトコインが盛り上がる」で解説させて頂いておりますので、興味のある方はそちらもどうぞ。

 

日本のビットコイン取引所で1番の有名所

「有名」と言う事は利用者も多くある程度の安全も確保出来る。
1番の問題を「安全性」と捉えるなら、1番の大手であるビットフライヤー(bitFlyer)の安全性は
非常に大きなものといえるのではないかと思います。

 

取扱可能な仮想通貨が現状では「ビットコイン」「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」「モナコイン」「リスク」等と少なく感じますが、仮想通貨の中でも信頼性があり、値動きが大きな所は抑えてある印象です。

仮想通貨の売買手数料が0.001%0.1%と大きくはありませんが、存在しているので、そちらはしっかりと注意しておきましょう。

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

▼目次

ビットコインとは?

知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは簡単にビットコインの説明をさせて頂きます。一言でいうのであれば「仮想の通貨」です。コインと言われている事から分かる通りお金であり、価値はあるのですが「形」がないのが特徴と言ってもいいでしょう。

一般的に仮想通貨としてイメージしやすいとされているのは、オンラインゲーム内の通貨です。これはゲーム内の仮想通貨と言う事ができ、アイテムを買う事ができますし、オンラインゲーム内の仮想通貨を円で買う事が出来ると言う点でもイメージしやすいかもしれません。

これに当てはめるとビットコインは「ビットコインが利用可能な場所でなら、どこでも使う事が出来る通貨」であると考える事もできます。

ビットコインは世界規模

ビットコインはゲーム内ではなく、インターネットを使って世界的な取扱があるので、世界中で利用出来る「通貨」であると考える事も可能です。心配な点はやはり形が存在しない為に、価値の認識がむずかしいと言う点です。

メリットとしては、ビットコインは他の通過と違い相互で取引を監視すると言う方法をとっています。「ブロックチェーン・テクノロジー」と呼ばれるもので、他国間の取引でも銀行を介さない為に「手数料」が非常に「安い」点です。

詳しい説明は「BitCoinってまだ使えるの?日本人が知らないBitCoin人気」でもしているので、そちらを参考にして頂くとして、何故暴落が起こったのかを考えてみる事にしましょう。

ビットコインと密接な関係にあった人民元

ビットコインは世界規模

ビットコインは1月5日に20%近くの暴落を起こしています。それ以前に、2週間で40%強の値上がりをしていた為、元値が崩れたと言うわけではありませんが、その原因と関係性を調べてみると、おもしろい事に中国の人民元と密接な関係にあるのがわかってくるのです。

仮想通貨を推進している企業は「人民元安が進む中で最も上昇していたのはビットコインだった」と言っているように人民元の急な値上がり「暴騰」が今回のビットコインの価値の暴落に繋がったと言われています。

考えられる原因として、ビットコインの大口の購入者が「中国」または「中国の国民」だった可能性が高いと言う事です。その機密性の高さから良くない事に利用される事もあるビットコインなだけに、印象はあまり良くないとも言えます。

中国は投資の文化が半強制的に根付いている部分もあり、動きの良いビットコインへの投資が中国国内から集中していた可能性も否定できません。人民元の反発を見てビットコインを売り人民元にして利益を得た可能性も多いにあります。

ビットコインが狙える取引ってあるの?

動きがあるなら狙ってみたくなるのですが、ビットコインを利用したFXはあるのか探してみました。

ビットフライヤーにはビットコインでの取引が一つの銘柄としてあるようです(【ビット コイン/USドル】等があるので注目してみてもいいのかもしれません。

動きが激しい今だからこそ、FXでは狙いを付けやすくなっている可能性は十分に高いです。興味のある方は是非ビットフライヤーを覗いてみてください。

 
 

日本のビットコイン取引所で1番の有名所

「有名」と言う事は利用者も多くある程度の安全も確保出来る。
1番の問題を「安全性」と捉えるなら、1番の大手であるビットフライヤー(bitFlyer)の安全性は
非常に大きなものといえるのではないかと思います。

 

取扱可能な仮想通貨が現状では「ビットコイン」「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」「モナコイン」のみと少し少なく感じますが、仮想通貨の中でも信頼性があり、値動きが大きな所は抑えてある印象です。

仮想通貨の売買手数料が0.001%0.1%と大きくはありませんが、存在しているので、そちらはしっかりと注意しておきましょう。

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

 
 

ビットコインは暴騰と暴落を繰り返している

ビットコイン暴騰暴落1

※画像はInvesting.com様のチャートを利用させて頂いております。

暴騰と暴落があるから危険だとはいいません。理屈としてはブロックチェーンテクノロジーもセキュリティー性は高く、ビットコイン内での不正は考え難いです。考えられるのは、端末やアカウントの乗っ取りなど根本的なセキュリティー対策の不備が原因になることが多くなってきています。

これらの事からリスクを問題としてビットコインが「暴騰」「暴落」を繰り返しいるのでは無いと言うのがお分かりになるのではないでしょうか。

為替の相場は生き物と言う事が多いのですが、ビットコインの相場も生き物だと言えるでしょう。もし、長期的にビットコインへの投資を考えているのなら知っておいて損はありません。

定期的に暴落と暴騰を繰り返しているのはどうして?

ビットコイン暴騰暴落2人民元

※画像はInvesting.com様のチャートを利用させて頂いております。

定期的な暴騰暴落を繰り返しているのは、一国の影響を大きく受けているからと言ってもいいでしょう。それが上記でも今回の暴落に関係性の深い国だと紹介した中国です。人民元安に合わせてビットコインは値上がりをし、そして人民元が急騰すると同時に価値を落としました。

ビットコインがどの国の影響を強く受けているのかがよくわかる構図だったのではないかと思います。

今後のビットコインの動きに注目

ビットコインは上がるのか?下がるのか?

ビットコインの今後の動きに注目しておいていいでしょう。人民元の値動きははっきり言って読み辛いです。政府の介入等があり不規則な動きも想定されます。しかしながら、ビットコインとの関係も大きなものがあると今回の暴騰で証明されたので、人民元の動きとビットコインの動きを見る事で、今後の投資のチャンスとして見る事が可能です。

あくまでも投資は過去の動きをデータとして考え予想するものなので、今回の暴騰はしっかりと頭にいれておきましょう。こういった動きが頻繁にあるのなら、大きな利益を得る事も不可能ではありませんし、未然に大きな損失を避ける事が出来るかもしれません。

人民元とビットコインの密接な動きの関係をしっかりと頭に入れておく事で、大きな動きには対処出来る可能性が少し高くなります。

何を取引するであれ、動きの傾向はあるので、しっかりと事前に情報を頭に入れておきましょう。

ビットコインの価値を考えて動くなら

今後のビットコインの値動きを考えるのなら、分裂の可能性についてしっかりと知っておかなくてはいけません。

詳しくは「分裂もあり得るビットコイン。取引出来なくなる可能性も」「分裂リスクは低下も8/1に注目が集まるビットコイン」等で説明しているのですが、ビットコインの存在と利点を揺るがす可能性もあるので、まずはしっかりと知る事からはじめてみてください。

値動きがあるから投資をするというのはわかりますが、本質をしっておかなければビットコインを消失したり使えないものを保有してしまうことになりかねませんからね。

※追記※6/15 繰り返す急落と急騰

ビットコイン繰り返す暴騰暴落

日本でのビットコインへの注目度が変わりつつあります。世界の考え方とは少し違って、「利幅の大きな投資」として考えられつつあるようです。一時期とくらべてビットコインの相場自体が2~3倍となっているので投資として目を向けられるのは分かる事なのですが、投資としてビットコインを扱う場合は急落と急騰を繰り返していると言う事をしっかりと頭に入れた上でビットコインを保有しましょう。

暴騰、急騰のタイミングとしては、ビットコインが分裂するタイミングが挙げられますが、これは分裂バブルと言ったように誤った考えであるとも言われていて、「分裂=ビットコイン価格上昇」と考えるのは早計だと思っておいたほうがいいかもしれません。

というのも、これはビットコイン本来の目的である「手軽で低価格な送金」を阻害してきているので、ビットコイン本来の目的、手軽な海外送金であったり、海外での手軽な決済と言った意味を無くしてしまう事につながり兼ねません。

世界からの注目度を考えるとビットコイン自体の価値はまだまだ上がる可能性はあります。しかしながら、仮想通貨は派生も多く、本来のビットコインとは違った意味合いの投資も出てきているので注意をしておきましょう。

更には、上がる可能性はあるとはいいましたが、暴落の危険性はあります。現に、2017/8/1には取引停止になる可能性もあるという噂も流れているので十分に気をつけてください。

ビットコインや仮想通貨の通貨としての価値に対して投資をするのであれば値動きを見ればわかる事なので、わかりやすいのですが、出来てもいない仮想通貨への投資、その後の価値への投資となると、先行投資と言った形になり投資をする意味合いが変わってきます。

具体例を言うのなら一時期話題になった「ノアコイン」などがわかりやすいかもしれません。あれはまぎれもない先行投資で、リスクもあります。

投資自体リスクのあるものではありますが、ビットコインの場合は価値が落ちる可能性がリスクとなるのですが、現状ノアコインは、全く価値の無いものになる可能性を秘めているので、リスクの大きさが違います。仮想通貨への投資を考えている方は、そのあたりの違いをしっかりと理解した上で投資をする事を心がけておいたほうがいいのではないでしょうか。

ビットコインからアルトコインへ?12/22の暴落原因は?

12月最大のビットコイン大暴落

※2017/12/22 画像はビットフライヤーのビットコインチャート画像です。※

ビットコインが暴落して釣られるように、多くの仮想通貨の価値が下がっています。

要因としては、まず先物上場による、決済手段としてではなく投機として見られるようになった事が挙げられるのではないでしょうか。

これは、ビットコインの価値が上がる事も十分に考えられたのですが、先物の特徴として「売り」から取引に入れるということもあり、懸念したビットコインを持つ人が一時的かもしれませんが退避をしたと考える事が出来ます。

更に、「Bitcoin.com」社共同創業者エミール・オルデンバーグ氏は手持ちのビットコインを大量売却したと言うニュースが流れました。こちらは「ビジネス・インサイダー(英語サイト)」が報じているのですが、グーグル翻訳の意訳をしたものなので日本語は少しおかしくなってしまうのですが、内容をみると、ビットコインの主な問題として振込手数料と落ち行く速度。ネットワーク帯域幅は、トランザクション記録を保存するメモリである「ブロック・サイズ」によって制限される。このために、ブロックサイズの小さなビットコインは流動性が低く、投資はあまりにリスクが高くなる。とされています。

この「Bitcoin.com」は大手の海外仮想通貨サイトを運営しています。

その上、ビジネス・インサイダーでは、ビットコインの送金手数料がここ数ヶ月で2倍近くになっている事についても言及しているようで、ビットコインが現状として抱えている問題点が明確になるのではないかと考えられています。ちなみに、エミール・オルデンバーグ氏はビットコイン売却後、撤退をするわけではなく、ビットコインキャッシュに乗り換えているようです。ビットコインキャッシュが一時期急激に値上がりしたのは、少なからずこの影響はあるのかもしれません。

ビットコインキャッシュは、海外の取引所Coinbaseのインサイダー疑惑(導入前に急激な値上がりを起こしたが、ブライアン・アームストロングCEOが否定しているので、あくまで疑惑)も出てきており、ビットコインとは関係の無いところでも価値に悪影響が出ているのかもしれないのは、憤りすら感じてしまいます。

しかしながら、本格的に、仮想通貨のプロトタイプであるビットコインから、機能性が高い実用的なアルトコインへの投機の乗り換えが進む過程なのかもしれませんね。注目すべき点は、エミール・オルデンバーグ氏が移した先のビットコインキャッシュも値を下げている所です。

ちなみに、上記以外の要因(21日韓国の仮想通貨取引所がハッキング被害、【※未確認情報なので注意※Liquiというウクライナの取引所にBTCが6万枚ハッキング被害の疑惑←公式発表ではありません。】どちらも取引所へのハッキングなので仮想通貨はウォレットでしっかりと管理しましょう。)も重なっての下落ではっきりとした要因は特定できませんが、この機を次の投機の狙い目と考える動きもあります。

ビットコインが現在仮想通貨の基軸なのは間違いないので、全体的な下げの相場ではありますが、仮想通貨を買うなら、間違いなく今回のような大きな下げのタイミングだと思います。底値でホールドしてじっくりと値上がりを待つのも戦略と言えるのかもかもしれませんね。

25日、26日とクリスマス休暇に海外は入るので、初期から保有していた海外大口投資家の「利確」も考えられるので、休暇前に行う海外のビットコイン売りには注意しておいたほうが懸命かもしれません。ビットコインを所有している方はチャートを注視していたほうがいいかと思います。

ビットコインのバブルが弾けたと言われそうですが、下がる要因、不安視される点が、ほぼ同時期に数多くあったからこそ下がったとも考えることができるのが、今回のビットコイン暴落、急落に繋がったのではないでしょうか。

アルトコインに興味のある方は「今だからこそビットコインよりもアルトコインが盛り上がる」にて、簡単にまとめていますので、興味のある方は是非どうぞ。

今だからこそビットコインよりもアルトコインが盛り上がる

 
 

現在のビットコインはアルトコイン(その他仮想通貨)と比べられる事が多く、性能を見ると他の仮想通貨の方が良い場合があります。

一部ではありますが、ビットコインからアルトコインへの投機先変更の噂も出ているようなので、どのようなものが出ているのか情報としてチェックしておいて損になる事はないでしょう。

大暴落の原因は、現在の「ビットコイン自体の決済としての能力の低下」ここにもあるのかもしれませんね。「今だからこそビットコインよりもアルトコインが盛り上がる」にて、ビットコイン以外の仮想通貨「アルトコイン(オルトコイン)」について説明しております。よろしければそちらもご一緒にどうぞ。

2018/01/08~1/24 ビットコイン、アルトコイン共に暴落。ビットコインでは100万円割れも

17日には100万円割れも起こしたビットコインですが、1/8~1/17に掛けての下落にはどういった原因、要因があるのでしょうか?気になるので情報を集めてみました。よろしければ御覧ください。

中国と韓国の規制当局は仮想通貨の取引やマイニング(採掘)について監視の強化が行われていて、米証券取引委員会(SEC)は昨年遅くから新規仮想通貨公開(ICO)として知られるデジタルトークン発行の一部取り締まり始めています。

仮想通貨が世間的に認められるには、必要な規制ともとれますが、投資家の懸念があるのも事実で、リスク回避の売りの可能性は高いです。今までの経験上では、暴落の後に暴騰が起こっている事から不安材料と取らない方もいらっしゃるかもしれませんが、取引の規制へとつながるので、仮想通貨市場の発展の妨げになる事は間違いありません。

尚、韓国は暗号通貨全面規制も検討していると言う発表が出ているようで(デマの可能性もありそう)、それによる値下がりが起こる可能性は非常に高くなるのではないかと考えられます。

※韓国の仮想通貨についてですが、「国で、実名が確認された人にのみビットコインなど仮想通貨の取引を認める取引実名制が30日に施行」となったようです。重すぎる規制にならずに一安心と言ったところです。関係者の話が載っていたのですが、「実名確認手続きを経て仮想通貨投資に乗り出す人を止める制度は準備していない。名分がない」と言ってる事が、全面禁止の話が出たときと全く逆の意見になっています。

今後は中国の動きにも警戒が必要かもしれません。当局は昨年導入した取引所での仮想通貨取引の禁止を拡大する方針で、どういった規制をかけてくるのか憶測の情報が出ていますが、国からの発表があった時に大きく仮想通貨相場は荒れそうです。

更にザイフでは、不正出金や不正アクセスが発生しているようです。原因としては「APIキー」の不正利用であると言われているので、APIキーを自ら外部に漏らしてしまうか、ザイフにあるAPIキーを利用した何かを使用していないかぎりは問題はなさそうとの情報もありますが、しっかりとハードウェアウォレット利用して取引所から離しておいた方が安全ではないかと思われます。

ちなみにザイフ側から未然防止の為に

  • ・APIキーの権限の見直し

  • ・使用していないAPIキーの削除

  • ・仮想通貨の出金先アドレスの制限

が推奨されているようなので、もし口座を持っている方がいらっしゃいましたら、残コインの確認と対応を行ったほうがいいでしょう。

※追記※1/16 アメリカ シカゴのビットコイン先物市場が安値をつけると、仮想通貨トレーダーの「利確」が強まり下落しているようです。

※追記2※

独仏がビットコインの国際的規制を呼びかけ。仮想通貨ではなくビットコインの規制ではありますが、これにより、「ビットコインの値崩れの可能性」が出てきています。値下がりしているビットコインへの投資を考えている方は動向にご注意ください。

ビットコインの画像最新チャート先物

※画像はtradingviewのチャート画像を利用しています。上場したばかりなので、チャート自体は短いですね。

アルトコインを利用する際の注意点として、どんなコインなのかしっかりとチェックしておく必要があります。1/17の時点で、ビットコインコネクト(BCC)があります。かつてはもっとも、成功したアルトコインTOP20に入るようなコインでしたが、米国一部の週から関連商品の登録をしていないとして、取引停止通告を受けており、約63%も値下がりをしました。

特徴として「貸付」なる怪しい機能があったのもあげられていますが、危ないアルトコインを掴まない為にもアルトコインについてはしっかりと知識を入れてから所持することをおすすめします。

取引所も運営していたので、取引所は閉鎖、米国市場での不安感の広がりはここからも来ているようです。

ビットコインに価格操作疑惑が浮上!?最高値をつけた昨年ビットコインは不正な価格操作が行われていたのか?という疑惑(現状はデマの可能性もあります)も出ています。

ここまで御覧頂いてお分かりの方もいらっしゃるかもしれませんが、明確に今回の暴落原因を特定することが難しいのが現状です。それが更に投資家のリスク回避の動きを誘って価格の暴落に拍車をかけているのかもしれませんね。

様々なことが、短期間の間に起こっていますが、下がった時は買い増しのチャンスでもあるので、お目当ての仮想通貨を多量に保有するチャンスかもしれません。絶対にあるとは言い切れませんが、今までの経験上大きな下落の後には、多くの場合「返し」が存在するので狙ってみてもおもしろいかもしれません。

長い目で見るとビットコインは急激に値をあげてきました、具体的な数値を出すなら、「11月24日 始値 893,010円 / BTC  12月7日 高値 2,400,000円 / BTC 」現在は1200000~1300000辺りの値になるので、高値の際の約23%ほどの下落になります。数値だけ見るなら上がりすぎた分が調整されたと考える事も十分に可能な範囲とも考えられるのです。

アルトコインに興味のある方は「今だからこそビットコインよりもアルトコインが盛り上がる」にて、簡単にまとめていますので、興味のある方は是非どうぞ。

また、アルトコインを利用する際は海外の仮想通貨業者についても考えてもいいかもしれません。確実にハードウォレットを利用すること前提ではありますが、いわゆる草コインに対して投資が出来る所なので、興味のある方は詳細を見てみてください。

※バイナンスは現在、日本語表示を修正しているようで、日本語表記ができません、グーグル翻訳をする事が出来るようなので、そちらを利用してどういった取引所なのか確認してみてください。

 

2017年12月28日 ビットコインのハードフォーク、ビットコインゴット、SegWit2X後の下落と考えられます。27日にSegWit2X開発者から、28日にSegwit2xを行うというアナウンスがあってから、全体的に仮想通貨の価格は上昇していましたが、その反動と考える事も出来ます。

今後の値動きを考えて、12月の後半から1月前半にかけてのハードフォークのおさらいをしておきましょう。

  • 12/27 ビットコインゴッド

  • 12/28 SegWit2X

  • 12/31 ビットコインウラニウム

  • 01/02 ビットコインキャッシュプラス

全てのハードフォークに価値があるかは、いまいちわかりませんが、ハードフォークが連続しておこる年末ですのでご注意ください。SegWit2Xに関しては前々から注目度が高かった事もあり、海外の大手取引所などは、すでに取り扱いを決めているようで、ビットコインを含めた仮想通貨全体の価格変動につながる可能性は大きいです。

※追記※

こちらが、落ちた本当の理由かもしれませんが、韓国では投機熱を抑え込むため一部の仮想通貨取引所を閉鎖する可能性を含め選択肢を検討しているニュースも流れているので、これによって韓国で売り先行が続いているのも理由の一つと言えるでしょう。チャイナショックにつづいての、コリアショックが訪れているようです。

※1/27続報※

コインチェックの仮想通貨管理体制に問題があったことが続々とわかってきています。

必要なセキュリティーを導入しておらず、不正アクセス対策が万全ではなかった。NEMの顧客管理をインターネットから遮断せずにオンラインでおこなっていたなど、最悪な管理を行っていたのが見えてきます。管理会社としても問題点が浮彫りになりました。せっかく投機として盛り上がっていた所に水を指した形になるのが残念でありません。

尚、NEM以外の仮想通貨が無事だった、逆に言えばNEMが狙われたのは、NEMのみをインターネット接続から切断せずに行っていたから、との事。

マウント・ゴックス社の問題の際に、より強化が推奨に思われ、最優先と考えられていた、利用者保護が完全に後手回っていたと考えられるのが残念で仕方ありません。

ちなみにNEMの場合は、「取引の際に複数の電子署名が必要で、より安全性が高い「マルチシグ」と呼ばれる技術を採用するよう推奨」されていたようで、今回の流出は、セキュリティー対策の甘さ、人材不足も相まってわずか8時間(後の発表で【5分間】での犯行と発表されています)で600億円近い被害をだしたことになります。

私自身もコインチェックで仮想通貨取引をおこなっていましたが、底値での買い増し用に入れておいたJPYは動かすこともできませんし、冷静に今後の対応を見ていけたらと思います。マウント・ゴックス社の際もそうでしたが、問題点はやはり仮想通貨側よりも取引所に多いようで、信頼出来る取引所を選ぶとともにしっかりと自分でハードウォレットに移して管理することを今後も推奨していこうかと思います。

 

日本のビットコイン取引所で1番の有名所

「有名」と言う事は利用者も多くある程度の安全も確保出来る。
1番の問題を「安全性」と捉えるなら、1番の大手であるビットフライヤー(bitFlyer)の安全性は
非常に大きなものといえるのではないかと思います。

 

取扱可能な仮想通貨が現状では「ビットコイン」「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」「モナコイン」のみと少し少なく感じますが、仮想通貨の中でも信頼性があり、値動きが大きな所は抑えてある印象です。

仮想通貨の売買手数料が0.001%0.1%と大きくはありませんが、存在しているので、そちらはしっかりと注意しておきましょう。

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

1/26~1/27 coincheckでNEM流出。全通貨出金(一時)停止

※27日coincheckの会見が行われて発表があっています。当記事内の続報にて掲載していますので、合わせてどのような経緯だったのかを御覧ください。

私もcoincheckでRippleを持っていてちょっと焦るニュースが、以下はコインチェックブログより参照となります。

※本記事は随時追記を行なっております。昇順の時系列にて記載しておりますため、ご確認くださいますようお願い申し上げます。
 
この度はご迷惑をおかけしておりまして申し訳ございません。原因や詳細など、判明次第早急にお知らせ致します。
——————
1/26 12:07
 
現在、NEMの入金について制限をさせていただいております。入金を行いました場合、残高に反映がされませんため、入金を行わないようお願い申し上げます。
 
みなさまには大変ご迷惑をおかけしておりますが、ご了承くださいますようお願い致します。
詳細に関しましては、判明次第、当ブログや公式SNSにてお知らせを致します。
 
何卒、よろしくお願い申し上げます。
 
公式twitter:https://twitter.com/coincheckjp
 
—————— 1/26 12:38 追記
 
現在、NEMの売買についても一時停止をしております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
 
——————
1/26 12:52 追記
 
現在、NEMの出金についても一時停止をしております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
 
——————
1/26 16:33 追記
 
現在、JPYを含め、取り扱い通貨全ての出金を一時停止しております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
 
1/26 17:23 追記  
現在、BTC以外(オルトコイン)の売買を一時停止しております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
 
——————
1/26 18:50 追記
 
現在、クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金による入金が一時停止しております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
 
ご迷惑、ご心配をおかけしておりまして申し訳ございません。原因や詳細など、判明次第早急にお知らせ致しますため、何卒、よろしくお願い申し上げます。

coincheckの公式ページより、上記のようなお知らせがありました。今回の暴落はこれが原因と言っていいでしょう。

疑惑としてあるのが、ハッキングされたのではないかという疑惑で、NEMが5.4億枚、620億円以上をハッキング、またはクラッキングによって失ってしまいました。

公式よりの経過の発表はありますが、顛末の発表がまだ無いのでなんとも言えない現状なのですが、NEMのみの取引出金停止から、JPYも含めた全銘柄が出金停止となったので、可能性があるのでは無いかと話題になり、リスクと考えられて全仮想通貨の値が下がっているようです。

続報があれば引き続きお伝えしますが、安全面の不安を考えるとハードウォレットへの移動はホールドするなら必ず行いましょう。

※疑惑ではなく、不正アクセスによる流出との発表がcoincheckよりありました

▼バイナンス(BINANCE)▼
バイナンス

バイナンス(BINANCE)の公式ページへ

2/20 Zaif(ザイフ)2000兆円ユーザーが現れていたバグを公式発表

とあるYouTuberさんの口座が2000兆円を超える!?と言ったニュースが上がっていましたが、ザイフでBitcoin取引「簡単売買」の価格計算システムにバグが発生していたようです。

更には、0円でBitcoinが買えてしまうというシステムの不具合も重なって、その仮想通貨が売り注文にだされ、異常な値をザイフでは出していました。一部ではこの話題は出ていたのですが、16日に発生、20日にZaif公式発表となり価格下落の一端となったのは間違いないでしょう。

Zaif側は不具合が発生した直後から対応を開始して、Zaifのサービス説明の中に

システムの緊急メンテナンス・システム障害などによる機会損失(例:お客様の注文が受注できず、お客様が注文する機会を逸したことにより、本来であれば得られたであろう利益を逸した等)につきましては、お客様が発注しようとしたご注文の内容(原注文)を当社において特定ができないため、過誤訂正処理を行うことができません。
システムが算出しているビットコイン購入・売却価格が異常値となる可能性があります。異常値での取引成立が発覚した場合、当社の判断で当該取引を取り消しさせていただくことがございます。

赤文字部分がある為に異常値によるBitcoinの所得や当該取引については取り消しとなり混乱は収まりましたが、大きなバグがあった事は間違いありません。システムの修正については即座に行われたようで、影響があった時間自体は少なかったようで、0円でBitcoinを購入したのは7名と言われています。

よくよく考えれば、約2000兆円「20億BTC」というのは、Bitcoinの総数を超えるので存在するはずはありません。こうなると「異常取引」に引っかかるのですが、少数だと異常な取引にひっかかったのでしょうか?1BTCでも100万円近くあるので、少数だけ0円で買われ、売られていたら異常取引に該当したのかどうかは知っておきたい所です。

2/06 ロイズ・バンキング・グループ発行のクレジットカードで仮想通貨購入禁止

ビットコインチャート

今回は一時20%近い暴落となりました。1番の高値をつけていた時期に比べると、約3分の1になった事になります。

要因として最有力視されているのは、ロイズ・バンキング・グループが発行しているクレジットカードでの仮想通貨購入の禁止と言う情報が出回ったからでしょう。実際に金融機関や政府規制当局がビットコインへの警戒を強めているのが原因です。

ここからもわかる様に、世界的に仮想通貨への規制の強化がつよまっている事が起因しています。主に欧州諸国や中国、韓国での規制が顕著で、リスクや警戒感を感じた投資家が売りに動いた為に、大きな暴落になったのではないでしょうか。

テザーの問題(下記に記載)も全く進展がなく、疑惑が強まっている事に、「リスク」を感じる人も多いのではないでしょうか。

世界同時株安もリスクオフの流れへ影響を与えているか

NYダウや、日経平均も大きく値下がりしている事も、仮想通貨の暴落につながっているのかもしれません。世界的な動きとして、現在は投資へのリスクオフが行われている状況です。直接的な関係はないと言えるのですが、特に、米国株は世界に対して影響を与える事が多いので、値動きには注目しておいていいかもしれません。

 

日本のビットコイン取引所で1番の有名所

「有名」と言う事は利用者も多くある程度の安全も確保出来る。
1番の問題を「安全性」と捉えるなら、1番の大手であるビットフライヤー(bitFlyer)の安全性は
非常に大きなものといえるのではないかと思います。

 

取扱可能な仮想通貨が現状では「ビットコイン」「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」「モナコイン」「リスク」等と少なく感じますが、仮想通貨の中でも信頼性があり、値動きが大きな所は抑えてある印象です。

仮想通貨の売買手数料が0.001%0.1%と大きくはありませんが、存在しているので、そちらはしっかりと注意しておきましょう。

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

 
 
▼バイナンス(BINANCE)▼
バイナンス

バイナンス(BINANCE)の公式ページへ

1/31~2/02 Facebook、暗号通貨、ICOの広告禁止。BitfinexとTetherが米国商品先物取引委員会(CFTC)により召喚状

Bitcoinチャート

※画像はビットフライヤーのBitcoin/JPYチャートです。

フェイスブック、ビットコインなど仮想通貨の広告禁止-ICOもと言うニュースが流れてきました。これが原因と断定する事はできませんが、ビットコインの価格が急落しています。

「誤解を招く虚偽的な宣伝慣行としばしば関係している」

いわゆる「絶対に儲かる」といってリスクを説明しない広告ではないかと思います。このニュースだけが要因と言うわけでは無いでしょうが、仮想通貨全体の価格が落ちています。フェイスブックやインスタグラムの広告自体が邪魔なので全ての広告を禁止にすればいいのではないかな?と言う個人的な意見は置いておくとして、更に重要なのは、「BitfinexとTetherが米国商品先物取引委員会(CFTC)により召喚状」と言うニュースです。

このニュースの内容としては、USDT、Tetherを発行するテザー社とBitfinexが米商品先物取引委員会から召還招集された影響もあり、1分間に1200BTCが売られBitcoinの価値が大幅下落したと言うことになります。

フェイスブックの仮想通貨関連の広告禁止と、Bitfinexが米商品先物取引委員会から召還招集された影響からか、1分間に1200BTC売られた事で、大幅下落が始まったのではないかと考えられます。他にも理由はあるかもしれませんので、あくまでも下落要因の推測となる事をご了承ください。

テザー(tether)による価格操作が疑われている

上記の説明では少しわかり辛いかもしれませんので、追記としてどうぞ。

召喚だけで、価格が下がるのはおかしい。そう思う方も多いようで、現状ではあくまで疑惑として、テザーでBitcoinを価格操作したのではないかと疑われています。

昨年のビットコイン価格暴騰は、大きな変動として記憶に新しいのではないかと思います。

その時に記録されたビットコインの価格上昇の内約50%が、91回にわたる新規Tether発行直後2時間以内に確認され、さらにそのテザーがBitfinexのウォレットに着金した2時間後に起こっていると匿名の報告書が上がっているようです。あくまで匿名であるので信憑性が高いとは言い切れません。

tether社がtetherを発行しビットフィネックスに送金後、ビットフィネックスがこのUSDTを証拠金としてレバレッジ取引を行いビットコインの売買を行う動きが行われていたのではないかという推測が出回っています。ですが、推測と言い切るには状況がそろっていて、tetherは契約していた監査会社との契約も打ち切ったため、更に憶測を呼んでいます。

ビットフィネックスでも実際に、倍率をかけた大口取引が観測されていて市場操作に疑惑の目も向けられる事でBitcoinの価格が下がり始めているようです。

2/2 コインチェック(coincheck)立入検査へ

コインチェックに新たな疑惑が持ち上がっています。Bitcoinの値下げには直接関係はないかもしれませんが、現在coincheckではユーザーの出金、送金凍結を行っています。その間に、ビットフライヤー(bitFlyer)ではリスクというコインが上場しました。名前がリスクなので、不安感はあるかもしれませんが、ちゃんとしたコインなのでそちらはご安心ください。

上場の話題が出ていた時に、口座の凍結前、コインチェックから資金移動があったのではないかと言う疑惑が出ています。coincheckは自社のウォレットからリスク(LISK)を373億円相当移動させていたのではないかとと言う疑惑が出ています。

事情をしっている人が行ったと思えるので、これが株式取引なら、インサイダー取引を疑われる事案です。この件が金融庁の立入検査に関わっているかは現状ではわかりませんし、報道などでは、NEMの返金対応の資金があるのかどかを調査するための立入検査となっていますが、ニュースとして上がってきていますので、ご紹介しておきます。

1月のBitcoin下落で、昨年12月から考えると、失ったのは時価総額約4.8兆円

昨年の12月末には、1BTC=200万円以上を記録していたのが記憶に新しいBitcoinなのですが、今年の1月末は1BTC約100万円と価値の変動が大きくなっています。こうなってくると1月に時価総額でどれだけを失ったのかを考えるとぞっとします。

時価総額にして約4.8兆円近くを失った事になるBitcoin。反発自体は予想されていますが、どこまで下がって反発をするのか、しっかりと考えなければならないリスクとなっています。Bitcoinに投資をする場合はご注意を!

Bitcoin以外の仮想通貨、アルトコインに興味のある方は「今だからこそビットコインよりもアルトコインが盛り上がる」にて、簡単にまとめていますので、興味のある方は是非どうぞ。

転換期ともいわれているので、どこまで下がるかの予想は難しいかもしれません。はっきり言って要因となり得る事が多いので、混乱してしまいそうです。仮想通貨投資をしている方からしたら、去年も一昨年も1~2月は暴落したと達観している方もいるようなので、反転を予想して底値を狙う人も多いのかもしれませんね。

インドでも仮想通貨規制の動きか?

インドのジャイトリー財務相が2/1に、「インド政府は仮想通貨を法定通貨とはみなさず、違法行為の資金調達や決済システムの一部としての仮想通貨資産の利用をあらゆる手段で排除する」と述べたという報道がありました。今回の暴落の一番の原因はこれかもしれませんね。

※最新情報があれば随時追記していきます。※

 

日本のビットコイン取引所で1番の有名所

「有名」と言う事は利用者も多くある程度の安全も確保出来る。
1番の問題を「安全性」と捉えるなら、1番の大手であるビットフライヤー(bitFlyer)の安全性は
非常に大きなものといえるのではないかと思います。

 

取扱可能な仮想通貨が現状では「ビットコイン」「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」「モナコイン」「リスク」等と少なく感じますが、仮想通貨の中でも信頼性があり、値動きが大きな所は抑えてある印象です。

仮想通貨の売買手数料が0.001%0.1%と大きくはありませんが、存在しているので、そちらはしっかりと注意しておきましょう。

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

3/8~28バイナンスでハッキングが確認されが、バイナンスがハッキングされたわけではない!?国内取引所カードでの購入停止へ

BTX/VIAチャート

バイナンスがハッキングされていると言ったショッキングなニュースが流れていますが、どうやら調べてみると、内容は少し違うようです。

ハッキングにあったのはバイナンスユーザーで大量売買をしているBOTがハッキング、フィッシングサイトにてハッキングされたのではないかと言われています。そのBOTを悪用してアルトコインを売却、別のアカウントで予め仕込んでおいた「VIA」をハッキングしたアカウントで大量購入。

結果的に値上がりしたVIAを売り利益を得て、BTCに換金して送金。それに気がついたバイナンスが「送金停止」の措置をとったようです。

ここまで見ると、ハッキングされたのはバイナンスではなく、大量取引をしていた自動売買のBOTのようです。8日の早朝(2時頃)には10%ほどの大きなBTC暴落が起こっています。8日のアルトコインも含めた仮想通貨の下落は、リスクを嫌った投資家が売っているから、なのではないかと考えられます。

※追記※日本の取引所みなし業者の一部が業務停止命令

可能性としては有り得る事だとは思っていましたが、まさか業務停止命令が出るとは思っていませんでした。業務停止が出たのは「仮想通貨交換業者ビットステーション」「FSHO」の2社で、業務停止は1ヶ月となっています。

特にビットステーションは取締役のビットコインの私的流用が指摘されている事もあり、マウント・ゴックス社を彷彿とさせられるのが、少し悲しい現実です。廃業の噂も出ているので口座開設されている方はご注意を!

※3/9 大手のビットフライヤーでもクレジットカードでの仮想通貨購入禁止へ

販売所などでも話題になっていましたが、クレジットカードを利用した仮想通貨の購入がビットフライヤーでも停止となるようです。

3/9からとなっていますが、話は、前々からあったのでしょう。そもそも、投資は余剰金で行うものなのでクレジットカードを利用した購入は、決済としては便利でしたが、あまりおすすめ出来ません。

借金をしてまでビットコインやアルトコインを購入した人は少ないかと思いますが、決済手段、送金手段として利用していた人は多いと思うので不便に感じるかもしれませんが、騒動が一段落するまでは、難しいのかもしれません。

また、米証券取引委員会が仮想通貨取引に関連した見解として、「取引所は証券取引所と同様にSECに登録すべき」と発表しています。といっても日本の業者は金融庁への登録が必要ですし、特に問題のある発言とは思えません。

SECに登録することによって、信頼を得る事が出来るのなら、それはプラスとなりそうですね。

【重要】3/13 グーグルで仮想通貨関連の広告を禁止へ

以前フェイスブックでも行った措置ではありますが、グーグルアドワーズを利用した広告で「仮想通貨」の表示を禁止にするようです。「すぐに禁止」ではなく6月からのようですね。

アメリカではICO関連で詐欺まがいの行為が行われる事が多々あり、顧客の安全を守るために広告禁止という状況に移るのかもしれません。ICO関連はどの国も法整備が上手くいっていないので、ある意味納得の措置と言ってもいいのではないでしょうか。

これによりビットコイン価格の下落が考えられます。怪しいICOに騙される心配はなくなるので、イメージ良くなると思いますが、やはり「禁止」というイメージは良くありません。イメージは大事ですので。

G20目前、「規制」をリスクと考えるか安全面の強化と考えるか?

仮想通貨取引所は国によって規制も違いますし、対応もちがいます。日本の取引所は根本的なセキュリティー面の問題が表面化していますが、海外の取引所の中には、本人確認すら必要がなく、簡単に口座を作成出来る所も多々あります。

これに対するルール作りが提案されており、多くの国の指針としては「口座開設時の本人確認の義務化」が上がっています。海外ではマネーロンダリングに仮想通貨が利用される事も多く、匿名性の高さも相まって「リスク」と考えられる事も多いようです。

しかしながら、この規制は考え方を変えると純粋に利用しているユーザーにとってはメリットになるのではないかと思います。しかしながら19日に迫ったG20に向けたリスクを回避している仮想通貨トレーダーは多いので内容がはっきりとするまでは様子を見ている人も多いのではないでしょうか。

複数の出来事が重なっての暴落が起こっているものと予想されますが、大暴落の後は反発が十分に考えられるので逆に狙い目と考える事が出来るのも事実ですが慎重な対応をしていきましょう。

3/23 金融庁 バイナンスへ警告を検討

世界最大の取引量を誇るバイナンスに対する警告が報じられた22日に、ビットコインの価格が4.5%下落。今後も必要な措置を取るとの発表があったので、ビットコイン価格が下落しています。

日本はみなし業者の徹底排斥を考えていると取られるかもしれませんが、実際にはFXにもバイナリーオプションにもこういった措置はとっています。大々的に報じられたのは、注目の仮想通貨であり、話題性があるからかもしれませんね。

3/27 ツイッター(Twitter)でも仮想通貨の広告禁止へ

Yahooが仮想通貨取引所の株式を40%以上所得して、取引所をはじめるのではないかと言われていますが、その直後に、フェイスブック、グーグルに続いてTwitterでのICOを含めた仮想通貨の広告を禁止としたと言うニュースが入ってきました。

グーグル、フェイスブックの時同様にビットコインの価格が下がっています。ICOやダークウェブで匿名性の高いコインが詐欺などの犯罪に利用されている事もあり、仮想通貨の広告は禁止となったようです。

AIでの審査が難しく良い取引所だけを掲載するというのが技術的に難しい事もあり、広告事態を禁止するのかもしれませんね。

3/29 前向きな情報の少なさからリスクを感じ下落か

3/29 にビットコインが下落しているのですが、理由を探しても見当たりません。しかしながら、ここ最近はビットコイン関連のいいニュースが中々見られない事から、「リスク」や不安感を感じた投資家も多く、その為に値下がりしている可能性が考えられます。

更には、破綻した日本の仮想通貨交換所マウント・ゴックス社の管財人が弁済のために保有しているビットコインの売却を進めていると言った状況もあるので、下がる要素が揃っているにもかかわらず、上昇の要素が無い事から必然的に現在は下落のトレンドとなりそうです。

オルトコインも連動して下げているようなのでご注意ください。

但し一時的なものであるとも予想されているので、反発するタイミングの見極めを上手く取りましょう。

現状では明確な原因が見当たらない下落というのも事実なので、今後の動きには注目しておいたほうがよさそうです。市場によっては1BTC=7000ドルを切る可能性は十分にあり得ます。

 

日本のビットコイン取引所で1番の有名所

「有名」と言う事は利用者も多くある程度の安全も確保出来る。
1番の問題を「安全性」と捉えるなら、1番の大手であるビットフライヤー(bitFlyer)の安全性は
非常に大きなものといえるのではないかと思います。

 

取扱可能な仮想通貨が現状では「ビットコイン」「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」「モナコイン」「リスク」等と少なく感じますが、仮想通貨の中でも信頼性があり、値動きが大きな所は抑えてある印象です。

仮想通貨の売買手数料が0.001%0.1%と大きくはありませんが、存在しているので、そちらはしっかりと注意しておきましょう。

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

3/6~ G20への不安は大きいか?ビットコイン取引量は2年で最少

暴落というほどではありませんが、仮想通貨全体の価格が下がっている点について、考えられる理由として、【G20】を控えてリスク感じている、もしくは不安視をしている人が多いからではないかと考えられます。

欧米では仮想通貨への規制が話題に出る事が多いので、G20で何らかの具体的な【規制】が出るのではないかと考えられているのかもしれません。

この規制が世界的なルールとして役に立つならメリットにもなるかもしれませんが、規則だけが先歩きしてしまっては意味がありません。先行きが不安なのがリスクと捉えられているのかもしれませんね。

更に、ビットコインの取引量自体が減ってきていると言うのは、仮想通貨取引をしている人なら実感している人もいらっしゃるのではないでしょうか。現に取引量はここ2年で最小と言われています。今は様子見をしている人も多いかと思いますしG20前と言うこともあって仮想通貨全体の価格が下がっているようです。

更には、大きな下落からの回復と言うこともあり、底値で買った投資家が「利益確定売り」をしている事も考えられます。要因は複数重なると大きな動きになる可能性があるので、十分に注意しておかなくてはいけませんね。

3/8にもみなし業者に業務停止命令に!?

みなし業者というとcoincheckは話題となっていましたが、金融庁が基準にしている条件を満たせない仮想通貨交換業者の事を言います。

3/8にもcoincheckは業務の改善が出来ていないと言うことですがこちらは、業務停止の命令は出ないようです。他の業者でみなし業者とされている所は、業務停止命令が出る可能性があるので、注意しておいたほうがいいかもしれません。

直接ビットコインや仮想通貨の価格への影響はないかもしれませんが、リスクになる可能性があるのでご注意ください。

※追加情報などがあれば、追記していきます。他の情報を含めて総合的に判断してください。

オススメ!ビットコイン取引所

大手の参入はまだのようですが、以前からある有名なビットコイン取引所をオススメとして紹介しておきます。やはり、人気があるというのはある程度の安心感につながりますね。法整備もされはじめているので、まだまだ大きな動きを狙うなら、狙い目でしょう。

 
 

日本のビットコイン取引所で1番の有名所

「有名」と言う事は利用者も多くある程度の安全も確保出来る。
1番の問題を「安全性」と捉えるなら、1番の大手であるビットフライヤー(bitFlyer)の安全性は
非常に大きなものといえるのではないかと思います。

 

取扱可能な仮想通貨が現状では「ビットコイン」「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」「モナコイン」のみと少し少なく感じますが、仮想通貨の中でも信頼性があり、値動きが大きな所は抑えてある印象です。

仮想通貨の売買手数料が0.001%0.1%と大きくはありませんが、存在しているので、そちらはしっかりと注意しておきましょう。

▼ビットフライヤー (bitFlyer)▼
ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページへ

 
 
 
 

モナコインの取扱もある成長型のビットコイン取引所

サービス面では業界一か?
1番の問題を「安全性」と捉えるなら、金融庁から許可が降りているザイフ(Zaif)は安全といえるのではないでしょうか。

 

取扱可能な仮想通貨は現状、主要の仮想通貨のみですが「トークン」の存在は興味深いです。仮想通貨の中でも信頼性があり、値動きが大きな所は抑えてある印象は強いので不満に思う事は少ないでしょう。

実際にどういったものを取り扱っているのかは、取引所の詳細ページを見てもらえると非常にわかりやすくなっています。

▼ザイフ (Zaif)▼
ザイフ

ザイフ(Zaif)の公式ページへ

 

面倒な手続きは不要!?ビットコインを今すぐ始めよう!

世界最高水準の堅固なシステムで安全安心の仮想通貨取引が可能。スマホ完全対応で問題なく快適に利用する事ができます。国内FX業者の【FXTF】関連業者となっているので、仮想通貨が社会構造を大きく変える。ビットコインの値上がりを見れば一目瞭然。今後更に人気の出る業者となってくるでしょう。

▼ビットトレード(BitTrade)▼
ビットトレード

ビットトレード(BitTrade)の公式ページへ

 
 

通貨取引日本最大手のGMOが満を持して仮想通貨に参入!

GMOと言えば通貨取引で日本では非常に大手であり、その分安心感はどの仮想通貨取引所にも負けないでしょう。もちろんGMOインターネット(東証一部上場)グループという肩書も不安感を拭ってくれます。

GMOコインは明確に言えば取引所とは違います。「500円であっても100万円であっても、提示されている価格で売買が成立」と言った他の取引所とは違う非常に便利でお得な面もあるので、ビットコインの動きが大きな今なら狙い目と言えるでしょう。

▼GMOコイン (coincheck)▼
GMOコイン

GMOコインの公式ページへ

 
 

国内初の証拠BTC取引(BTCFXR)が可能!!

ビットバンクトレードは追加の証拠BTCが不要のビットコインFXが出来る!
レバレッジは最大20倍と最高値も高く、何よりも国内唯一の追証ナシ。

証拠金の維持率が20%を下回ると強制的にロスカットとなりますが,
追証となるよりもリスクは少ないように感じます。

 

取扱可能な仮想通貨が現状では「ビットコイン/USD」のみと少なく感じますが、仮想通貨の中でも信頼性があり、値動きが大きなからこそビットコイン/USDに絞っているのでしょう 。

コイン保有目的ではなく、BTCを積極的に売買するためのサービス。それがビットバンクトレードです。

▼ビットバンクトレード (bitbank Trade)▼
ビットバンクトレード

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の公式ページへ

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!
登録不要のデモ口座でトレードできる業者 攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ レバレッジは最高888倍も!! まだ間に合う!今から始めるビットコインへの投資

知っ得!おすすめコンテンツ

  • 関連記事
  • 攻略記事

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

ザオプション

ザオプションで高勝率の取引を! 初心者でも出来る最先端のバイナリー

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円
当サイトから口座開設して頂いた方には特典も!?
詳しくは→無料シグナルツール&攻略情報配信の詳細へ

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に5000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中!

No.2  ザオプション

口座開設時間2分
最小取引額1,000円
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。
☆キャンペーン情報
「口座開設日より10日以内に10回取引を行った方へ1万円分のキャッシュバックボーナスを提供」。 9/30までの期間限定でしたが好評につき延長!?他のボーナスとは併用できないのでそこには注意!

No.3  トレード200

口座開設時間約3分
最小取引額200円
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!
☆キャンペーン情報☆
初回入金時にボーナス有り。限定なので一見の価値あり!
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.4  THEBINARY

00円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.5  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと的な業者になります。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。
★キャンペーン情報
当サイトから口座開設をすると最低入金額が20000円→10000円へ!

No.6  ジェットオプション

ペイアウト率2.0倍以上でおなじみのジェットオプション。海外の業者らしいシンプルさと高いペイアウト率は、好きな方は好きなのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

Comment

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP