>  > ビットコイン マウントゴックス社が顧客資金11億を流用
投資で成功する人は使える業者を知っている。上質を知りたいあなたへ ペイアウト率2倍 ハイローオーストラリア

ビットコイン マウントゴックス社が顧客資金11億を流用

ビットコイン マウントゴックス社

ビットコインの特徴を使った自転車操業

マウントゴックス社がサイバー攻撃を受けたのは13年の春頃だったでしょうか。サイトに対してDDOS(ディ-ドス)攻撃を受けたことで一時取引停止となり、その際にマウント社は危ないと言う考えが広がりビットコインの相場が暴落してその波におされて破産したと言うのが今までの考え方でした。実際に破綻した最大の原因は価格が暴落したという部分であるとは考えられますが、何故今話題に上っているのかと言うと、マウント社は顧客が預けていた資金を不正利用していたのではないかと警視庁から疑われているからです。

そもそも、マウント社の自己資金は2億円しかありませんでしたが投資額は約5倍近い10億円近くになっていたのではないかと言う事です。そもそもマウント社から損失した金額は28億円と言われており、それだけでは足りない金額ではあるのですが、警視庁は預かり金の流用や不正操作した口座からのBTC取引こそが消失に直結したのではないかと考えているようです。

何故資金が2億円程しかなかったのか?

ここまでで疑問に思う方も多いかもしれませんが、どうして大量のビットコインを扱い世界的に見れば軌道に乗り始めていたマウント社に資金が2億円程度しかなかったのか?疑問に思う方も多いかもしれませんが、これはマウント社は25年度に手数料などで10億円超を売り上げてはいましたが、販売管理費が上がった事も合いまって、わずか2億円程の資金しか手元にはなかったとされています。

しかしながら、25年以降に関連会社数社に約7億円、カルプレス社長に1億数千万等約10億円を貸付名目で投資しています。考えるべきはこの資金がどこから産出されたものなのかと言うことです。ビットコインが危ないと言うよりも、マウントゴックス社のやり方が大問題であったと言うわけですね。

もちろん自己資金が2億円しかないマウントゴックス社が資金として目をつけたのが利用者の預かり金だったのではないかとされています。

まだ逮捕された段階ではありますが、警視庁が逮捕に踏み切ると言うことは、それなり以上に証拠がある状況であると考えられます。つまりは28億円分のビットコインの消失の内約10億円はマウントゴックス社によって消失させたのではないかと考えられていると言うことになります。

経営難だったのか?

ビットコイン マウントゴックス社

そもそも考えておきたいのは資金を流用しなければいけないほど経営難だったのかを考えてみましょう。ビットコインの価値は上がりつつあったので、自転車操業自体は可能であったと考えられます。更には日本での知名度も徐々に上がってきていたので日本からの利用も増えていたかもしれません。経営難と言うよりも過剰な投資、そして私的な事に使いすぎたのではないか。競合社への子会社売却の際の裁判や取引の停止など問題を多く抱えていたとも原因だと考えられます。

そこでDDOS攻撃による取引の一時停止で信頼感は大きく低下、一時はシェア70%を誇っていたマウントゴックス社はビットコインの価値が下がり、自転車操業ができなくなり破綻。と考えるのが一番自然かもしれませんね。

ビットコインは危ないのか?

ビットコイン マウントゴックス社

何度も言うようですが、マウントゴックス社の社長が不正利用し、自転車操業をしていた上にサイバー攻撃を受けたからこそ28億円分が消失したのであり、しっかりとした管理体制、経営方針であるのなら、その交換所に対して不安を感じる必要はありません。しかしながら管理体制が十分なのかどうかに対して、外部から知る余地が無い今の状況を考えると少し不安が残るのは事実です。

今回の事件の場合は、資金が2億円しか無いにもかかわらず都内のマンション2年で4000万円と言われる家賃も会社名義で支払いがされていたようです。社長職の方が会社の経費として家賃の支払いをするのは税金対策として有名ではありますが、こうなってしまうと私的流用と考えられたとしても仕方ないと感じられる部分ですね。更にこの不正というのが2011年から行われていたとまで言われており、これが事実であるとするのなら、ビットコインが危険と言うよりもマウントゴックス社と言うものが危険であると言えます。

事件後も海外では大きく需要が増えている

ビットコイン マウントゴックス社

マウント社の事件後、一時停滞したビットコインですが需要自体は現在も増え続けています。それは日本でも同じで最近ではNTTドコモや楽天がビットコイン事業に進出しています。ネガティブなイメージが多いのは事実で日本ではある意味仕方のないことですが、それでも世界の主流になりつつあると言う事だけは頭にいれておきましょう。

ビットコインを使った取引なども頻繁に行われ始めています。もちろんバイナリーオプションでも取扱のある業者もあり、日々拡大していると言ってもいいでしょう。いきなり始めるのは抵抗があるのは誰でも同じなのでビットコインの仕組みからでも理解してみてはいかがでしょうか。ビットコインに問題があるのではなく預託会社のセキュリティの問題が今回の事件でも関係しています。

現金にしてもビットコインにしても預けるなら信頼が出来るところにと言うことですね。

【今週限定】管理人の鉄板の投資の仕方教えます!

カテゴリ:BitCoin

攻略に役立つ取引ツールが使える業者まとめ

知っ得!おすすめコンテンツ

おすすめ業者ランキング

ハイローオーストラリア

即時出金が可能な業者!信頼の出金速度です。 高ペイアウト率で人気と信頼感、口コミ数でもNO1!

トレード200

高ペイアウト率。出金可能!安心の業者。 快適な取引をするならトレード200で。

Yバイナリー

取引ツールが充実!戦略をたてるならココ! 最高400%の取引も!?期待の業者

バイナリーオプション初心者ランキング

実際に利用してみた業者のおすすめTOP3です。使いやすさ・サポート対応など、バイナリーオプションは初めてという方のために厳選しました。国内業者は新たに作られた規制により利用しにくい状態となってしまったため海外業者メインとなっています。

No.1  ハイローオーストラリア

口座開設時間約5分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額5,000円

ハイローオーストラリアが人気の理由は、「使いやすさ」そして「ペイアウト率の高さ」、さらには「出金の速さ」に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。オーストラリアの金融ライセンスを所得していると言うこともあり、取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラスなのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。

No.2  Yバイナリー

口座開設時間即時
最小取引額1000円
口座維持・開設費用なし
最低入金額20,000円~

戦略的な取引、簡単い予想をしたいと考えている方はYバイナリーを利用してみましょう。
テクニカルチャートに取引アラートは一度は利用してみたいツールです。
最高ペイアウト率400%は興味が付きません。様々なバイナリーオプションを一つの口座で楽しみたい方にピッタリ。

No.3  オプションビット

口座開設時間約3分
最小取引額1,000円~
口座維持・開設費用無料
最低入金額10,000円~

出金対応もしっかりとしていて、安心感抜群!初心者の方でも利益を狙いたいのなら、TVでもあの武井壮が使ったとして知名度が高くなった事は記憶に新しいです。有名なオプションビットがおススメTOP3入り。独自のアルゴリズムを利用したシグナル、アルゴビットを有効利用して初心者から玄人まで利益を掴め!

No.4  ソニックオプション

ペイアウト率が2.02倍のレンジアウトを実装しているのがソニックオプションです。約49.8%の勝率があれば負けないと言うのは大きなメリットでしょう。出金対応もしっかりとしていて、安心感は非常に大きいと言えます。知名度は低めですが、ラーメン店で例えると、「隠れた名店」の様なイメージをしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。それがソニックオプションです。

No.5  トレード200

ペイアウト率2.0倍のRETURN200と安心のサポート、そして経済指標カレンダーなど取引に便利なものが揃っているのがトレード200です。出金も早く、安定した取引をしたいならココっ!

No.6  THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面!使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者になります。

No.7  スマートオプション

スマートオプションで取引をするのならiフォローには絶対注目が必要です。利益の出ているトレーダーと全く一緒の取引を自動で行う、ミラートレードはスマートオプションで取引をする特権!

No.8  オプションカラー

これぞ海外のバイナリーオプション業者と言ったシンプルさがあるのがオプションカラーです。キャンペーンやイベントの様なものが多く、始めやすいバイナリーオプション業者と言えるでしょう。

No.9  プライベートオプション

日本からの利用者はまだまだ少ないように感じるプライベートオプション。貴方だけの投資で至福のプライベートを勝ち取れ!

No.10  WynnFinance

情報量は少なめの新しい海外バイナリーオプション業者がWynnFinance(ウィンファイナンス)です。新しいものが好き、他の人と同じは嫌だと言う方はこういった業者も楽しめるのではないでしょうか。

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

Comment

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

お役立ち情報

知って得する海外経済指標
免責事項
ビギナーバイナリーオプション(以下、「当サイト」と言います)は情報の提供の行うにあたって細心の注意を払って掲載しておりますが、記載されている情報に不正確な記載や誤植などの不適切な情報が含まれている場合があります。
おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」そう思っている方におススメ。2.0倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる出金速度も業界で最速と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

TOP